上尾市の私役所物語

2018年12月 4日 (火)

損害賠償と二人のしまむらさん

追記 12/7 島村8万円、千代本は出来高57,067千円のみ、アサヒ、栄、大川、藤は協議中。

 

上尾市役所に一日も顔を出さなかったのに、有給休暇制度もないと思うのに、自動的に給料が振り込まれた。33万円はパクられてから辞職までの10日分。むしろ迷惑を与えたから市民に賠償して欲しいのにね。最近市の臨時パート募集をみた、時給900円。たぶん、これは出勤しないともらえないだろう(^^

もう一人の方には8万円らしい。なんとも半端な数字だ。

「いいよ、いいよ、まだ何も働いてないし、長い付き合いだし」って言ったか言わないか知らないが、流石に0円では行政的に成り立たないための方便なのか?

同じ姓でもえらい違いだ。

他の参加者にだって、12月議会での議案化をしていないようだから専決処分(市長が議会を通さずにできる)でやるようだ。処分後には議会で報告して承認を求める必要があるが、承認されなくても決定は有効なのだと。やはり、イルミネーション点灯式の立ち話通り、大金ではなさそう。本件は市民にも説明資料を配布するらしいと聞いている。

長期的関係を重視した会社のことが出たので、改めて書いておきたいことがある。

最初の建設案は単館で5000㎡、半年後には複合館化して図書館は1Fのみ2130㎡となった。そのため、予定した蔵書数が半分になってしまう。図書館関係者は体面を繕うために、自動書庫という最も集密度の高い書庫を計画した(高額でもどうせ他人のカネだから)。本来は地価が高い、または面積が限られた大学とか駅前などの都市型図書館で導入されるべき設備であり、郊外に移転してまで導入するものではない。

専門家からは笑われる設備になったと思う。

こんな特殊案件に関わっても大したノウハウにならないと思うけど、どう、作りたかった happy01

関連 上尾市新図書館の建設費、工事費、設備費、土地代など

こんな幹部は辞表を書け

2018年12月 2日 (日)

個人ではなく組織としてのスキルが未熟な上尾市役所

広報あげお改め、遅報あげお? に絡めた二つの職場例

 (以下は、かまちょ図書館記事へのコメントを強いてここに書いたもの)

そろそろ年賀状の季節。毎年のように現れる、配るの面倒で放置したという配達員のニュースを連想させます。これは広報難民の怒りですね。

一体どんな○○の地にお住みですか? って尋ねたいけど、配る「班長(市民)のモラルに依存」しているから、事務区長制度の弊害なのでしょう。でも、「はよ配れ」と苦情を言うのは人間関係上はばかれるから、Webへ行ったわけでしょう。そこでも拒否されたから、誰でも怒りますよね。しかも、またかよとは()

(なお最近システム変更したと聞いていますが、言い訳にはなりません)

月曜朝に、広報広聴課はあわてて直すでしょうから、開庁8:30後の何時間で直したか見もの。気が付いた方はぜひコメントください(内部通報歓迎 heart02)

ページ、読み取れるかチェックできます。或いは下の12月分目次が正しく開けばOKです。

・12月不良 http://ageocms.city.ageo.lg.jp/uploaded/attachment/51680.pdf

・元々正常な11月の例

 http://www.city.ageo.lg.jp/uploaded/attachment/51261.pdf

比べるとURLのトップカテゴリー違いですが、ミスを繰り返す職場は問題。そのうち、秘匿データまで間違って公開しちゃうでしょう。 

実は金曜の深夜・・・

財政課HPH27年度決算文書pdfがロードエラー起こすので、問い合わせボックスにクレームを書きました。週明けに回答か、と思いましたが、土曜の昼には財政課から直した旨のメールが来ていました。

予算編成で休日出勤していた効果でしょうけど、ダメ職場の例ばかり民間人がネットに書き立てると、さすがに市職員も凹むから、その対照例としてあげておきます。そもそもH27年決算文書を3年近く誰もアクセスしなかった証拠なので、実害は無いわけです。或いは悪戯好きな担当者の民度調査だったかも知れません()

実は、ここからがホンネ。

メールには「ご指摘ありがとうございました」とありますが、「ご迷惑をおかけしました」はありません。さらに、読み取れるようになった文書からの数表をコピーすると文字化け(他年度は正常。もっと古い年度分は「複写機コピー」そのもの)。

市の総予算1千億円を売上高とみなしたら、このスキルのばらつきは民間ではありえません。

こちらはExcelにコピー&ペーストしたいだけなのに・・・。再pdf変換せざるを得なかったので、上の称賛は半分にしておきます。

追記 12/3 am 8:30頃には修正済み。

「しれっと なおすの はやいね 上尾市」

2018年11月25日 (日)

来年の4つの選挙費用はハウマッチ?

上尾市の行財政3か年実施計画より

H31年は見込み額。金額単位は千円のため、カンマ左が百万円
 
下は適当に見繕ったものですが、具体的な事業名で書いてあるので分かり易いです。関心のあるテーマ、事業で探すと予算が分かります。 こちらより
追記 2017/12の市長選挙は4000万円、市議補選1300万円。
 
 

平成314月 埼玉県議会議員一般選挙

 

15,829(h30)

39,821(h31)

平成317月 参議院議員通常選挙

65,795

平成318月 埼玉県知事選挙

49,871

平成3112月 上尾市議会議員選挙

94,440

選挙常時啓発事業・・・104万円では投票率が上がらないわけだ。棄権者は住民税一人千円徴収へシステム変更を。または受付でクジ引きゲーム導入、または投票済みシール配布して協賛店で割引メリット(これは米中間選挙で実施自治体あり)。

1,048

会議録等作成事業

本会議及び委員会の会議録を作成するとともに、インターネット上に公開することに   より会議の内容を広く市民に知らせる

7,017

年4回なので175万円

市制施行60周年記念式典事業・・・あの日で全部使ったのかな?

12,434

行政改革推進事業

社会経済情勢の変化と地方分権の時代に対応し、簡素で効率的な行政運営を推進   するため、外部委員による上尾市行政改革推進委員会を設置し、第8次上尾市行政   改革大綱・実施計画を推進する。

328

予算も簡素!

広報誌等作製・発行事業・・・配布費用は区長会に委託だろう?

37,014 →300万円/

市民意識調査事業・・・只今11月中旬より実施している3000人、回収率50%程度のもの。

3,208

議会図書室管理事業・・・猫に小判。市の図書館と一体運営化して市民に開放すべき。

947

敬老祝金及び祝品贈呈事業   75歳に5千円、77歳に1万円、88歳に2万円、99歳に3万円、100歳以上に5万円の敬 老祝金を贈呈する。また、年度内100歳到達者および最高齢者(男女)に対し、長寿 を祝し、記念品を贈呈する

 

60,522

 

 

 

敬老事業交付金支給事業   敬老の日の行事として敬老事業を実施する事務区、社協支部および市長が定める   施設等に対し、毎年831日現在75歳以上で、91日現在、上尾市に住民登録の   ある人数に応じて交付金を交付する。

56,509

 

生活保護世帯扶助事業

3,809,245

いじめ根絶対策事業(防止事業)・・・困ったものです。いじめた子の親に請求を

6,891

事務区運営事業   市行政との連絡調整を図るために設置している事務区の運営事業。
 ・・・事務区長への報酬は含まれている?

75,060

2018年11月 6日 (火)

上尾市民のための財政の出前講座

本館を守る会のサイトでは、出前講座の制度で市の財政課から専門家を呼んで勉強会を開くため、参加者募集の案内が出ている。出前講座の「財政」は初だという。

11/21水 午後一時半から三時まで。

駅前図書館3階、資料代に数百円、申し込み20名は先着順。

 出前講座とは市民が費用負担して、市は先生役を無料派遣する仕組み。土日でもやるの?。一番納税している現役層にも受講チャンスを与えるためには土日問わずじゃないと変だね。

 さて自治体の財政問題は市民はおろか議員も職員もまともに理解している人は少ない。でも、殆どのサラリーマンは自社の決算書なんか見ないし、見ても分からない。決算書が読めない銀行マンだっているし、家計簿を付けない主婦もフツーだし、レシートなんか平気で捨てる人もいる。

 つまりはカネ勘定の先にある会計なんか知らなくても、なんとか生きていけるわけだけど、結果は全て自分や組織に跳ね返ってくるので自己責任になっている。しかし自治体は職員や議員が赤字のツケを背負うよりも、住民(や国)に回すが、それは希薄化されて痛みも薄くなるので、結局は無責任化する。

 だから民間以上に監視役の目が不可欠なのだが、年功でなるポストでしかない。ネットで見ていたらこちらに良い警句があった。

どれだけの市民が、市の財政状況をチェックしているか。

どれだけの議員が、財政問題について厳しく追及できているか。

どれだけの役所が、市民に対して分かりやすく情報を伝えられているか。

 答えは

ハイ

いません。していません (^-^?)

今回の講座は短時間のため詳しい内容とは思えないが、前記事の商工会みたいな笑えるテーマではない。お堅いテーマにどれだけ市民が集まるかが注目される。また話し手の市職員も難解なテーマをどれだけ分かり易く語れるかが試される。



2018年10月31日 (水)

上尾の逮捕記念日を忘れさせまいとする読売記事だが…

忘れた人はバカであり、忘れたい人は繰り返す人である。

1030日は上尾市民が忘れてはいけない教訓の日だ。しかし、駅舎襲撃にもつながった上尾暴動事件(渋谷のハロウィン騒動どころじゃない)60年史に刻む、半年前の大事件を無かったかのように扱ったのは、昔のことは覚えているが今を忘れる悲しい認知症である。

ちょうど一年たったが、果たして何が変わっただろうか。と振り返る事は有意義であり、その意味で読売新聞はよくぞ報道してくれた。記事は、二月に庁内でコンプライアンス(法令順守)の研修をしたと伝える。

「逮捕劇は、それを許してしまう体質や土壌が市役所内にあったはずだ」
  と講師は語る。

「はっとした。トップの問題とするのではなく、自分にも責任があると考えなければいけない」

この感想は記事の通り一人であり、参加した全員ではなかったという事が、60年史から除外した態度から証明されたことになる。

つまり認知症ではなく、『変わらない上尾』が続いている。

Photo_2

惜しいのは、「市職員や市議会の質を上げねば」と代弁で結ぶのは奇麗ごとである。50過ぎた人間が変われるわけない。 

人を替えること。

2018年10月23日 (火)

自治体のホームページの使いやすさとは何か

数クリックで辿り着けることさ。 

上尾市役所のホームページが使いにくい、という感想はよく耳にする。何年か前に大幅に変えたと思うが、直す前の方が良かったという体感はあるが、以前のはどんなものかは忘れたcoldsweats01

 ホームページが流行り始めたミレニアム前後では、トップ画面のイメージやデザイン性が注目され、普及とともに実用性が重視されてきた。広義には「利用しやすさ」(アクセスビリティ)というが、サイト設計ではWebアクセスビリティという。

それを障碍者向けの配慮だと思いがちだが、根本は少ないクリック数で目的ページへ行けることなのだ。民間サイトは常にそれを意識する。欲しい情報が見つからなければすぐにサイトを離脱し他社へ行くから。しかし上尾市のサイトで見つからないからと言って桶川市へ行く人はいない。この訪問者特性(無競争性)にあぐらをかいているとなかなか改善されない。

行政は企業よりも情報の幅が広いからサイト構築は難しいと思う。リアルでも、来庁者自信が自分のニーズがどの部署に当てはまるのか分からないから総合受付がある。その一方で、他の自治体サイトを観察して、良い点を真似すればよいのだから案外楽でもある。民間と違い、他市よりもカッコよくとかの差別化は必要ないし、(民間のように)訪問者をいつまでもサイト内に滞在させる必要もない。むしろ早く知って早く去りたいのだ。

Photo

ホームページが魅力的だからと言って、その組織が優れている保障はない。華美なものほどウソが多い世界もある。そこで最近思うのは、情報インフラという市民向けの機能的な役割と観光やプロモーションという対外的な役割を区別すべきかもしれない、ということ
 たった1100人の西興部(にしおこっぺ)はそんな例に見える。財政的には借金比率25%と危険ラインを超えているが、HPは健全だ(笑)。

桶川市役所2018/3にサイトをリニューアルした。その良否は分からないが、上尾は市長も代わったし、苦情もたまったし()、根本的に直した方が良い。もちろん外部コンサルなど雇わず自力で。

今のサイトは無駄な階層が多くて深い。縦スクロールを減したスマホ対応重視なのか分からないが、「クリック数半減」くらいの目標で刷新すべきだ。せめてトップ画面からのインデックスの変更と大きな画像廃止をするだけでも良いと思う。


2018年10月18日 (木)

畠山市長は前任者の轍を踏む?

損害賠償額への査定次第では第二の疑惑に発展

関連 上尾市新図書館の建設費、工事費、設備費、土地代など

畠山市長の「見直し」とは、事実上の(島村案の)建設中止である。しかし(わざわざ?)期限を過ぎての解約通告になったことにより建設業者からの損害賠償問題を抱えた。

だから、次のような噂が聞こえてくる。

市当局に『一社一億円払え』と議員が圧力をかけている・・・。

建設仕掛中ではないものの、手配済み資材の再利用やキャンセルができない分は損失負担になる(前渡金6000万である程度相殺)。しかし損害賠償とは迷惑料とか事業保障に近いものだろう、と思う。

酷い噂だ。

だって長年、公共事業の恩恵を受け、今後の取引継続を考えたら、そんな要求をする企業は「輝く上尾」にいるはずはない。市の仕事を受ける位だから技術も高く、建設需要の強い首都圏で仕事にあふれることも無いだろう。

本件には45社が関わるが、最大手はそんな要求はしていないとも聞く。また、選挙公約に「見直し」を掲げた畠山氏を応援した手前、その社長の会社も「払え」というはずは無い。

だから、「ためにする噂」なのだ。

でも、火の無いところに煙は立たぬ、とも言う。

なぜなら、先の9/13の全員狂議会では「一億円が取れないのは売上ゼロ、生活の問題…」と言った議員もいて数字が符合する(喩えの値かも知れないが)その発言に先立ち、損害賠償について松澤副市長は「ちゃんと説明できる金額を出します」と答えたが、一体どんな意味なのか?

松澤氏が県庁に戻る時にキャリアに傷が付くような汚点を残すはずはない。彼の査定には、「上尾ムラ」よりも広い県庁マンの視点が入るだろう。それが「ちゃんと説明できる」の意味ならば安心しよう。

しかしそうならない場合は、畠山市長が前任者と同じ轍を踏むことになる。逮捕市長が友人の土地と古物件(2400万円)9500万円で買い取り市民負担を増やしたように、同じ過ちを犯すことになる。そして、どんなに情実査定と批判されようが、権力者は(へ理屈や議会多数により)曲がったものを真っ直ぐと言い張って正当化する。

そうなると、見直し案という成果を帳消し、多くの失望を買うだろう。

だから、まだまだ"上尾の図書館戦争"は続く・・・

Dlife流に書けば、12月から新シーズン開始である。

絵は本文とは関係ありません( ゚Д゚)

Photo

 

 

2018年10月 9日 (火)

三時間で訂正した上尾市役所行政経営課

 褒めているわけではない。

追記10/11 ページ構造の問題点指摘。 変更後も図版ページなので中のテキストをGoogleは読み取れないが、幸いに「目の不自由な方」ページのテキストがそれをカバーしており検索インディクスに蓄積される。しかし検索で来た人は「目の不自由な方」ページに入っても主ページに行くことはできない。リンクが無いから。ようするに図版はよくないのだが、現場サイドではそこまでの編集は不可能なのだろう。


昼前には直っていたとの連絡を得た。内容が分からない人は前日の記事へ。

とすると、朝見て coldsweats02 して、特急仕事で訂正したらしく、す早い仕事ぶりである。イヤミにとれるのは仕方ない。イヤミだから(^-^?)。

10/9朝までは次のようなイメージ中心の説明だ。

Photo

本日の更新はご覧の通りだ。こちらPhoto_2

古いのが残っていてそれを流用したのか分からないが、ずっと大人向けの内容に仕上がっている。つまり前回のイラスト中心の説明は誰がゴ―サイン出したんだろう。結果的に駄作がボツになったわけで、当方も上尾市シティーセールスに貢献したことになる、かも。ただし礼は無い。

なお災害リスクについては、自信が落ちている。↓
「海なし山なしで魅力がない…? だからこそ災害に強いまちなのが魅力なんです。」

せっかくだから、ダメ出ししよう。

 何かの権威ある数字を使うときは出典だけでなく、年度表記も必要。都合の良い古いデータを使ったなんてことが無いように。

 大谷北部第四地区のリンク、これは戸惑うわ

③転入された二家族のハッピー話だけでなく、出ていった家族の話しも載せてくれ。どうしてそんなに嫌だったのか( ゚Д゚)。ネガティブな事まで書くと正直な市だと思われて好感度が増す…

 いずれまた・・・

改めて書くが、本件はそんなには早く治す必要があるとは思えない。こんなに早い仕事ができるならば、上平図書館計画を昨11月から中止したが、その6カ月内に業者に解約通告すれば損賠賠償責任を負うことは無かった。

bottle

2018年10月 8日 (月)

そこまで書けばウソになる、上尾市定住促進の自慢話

上尾市の本当のリスクとは

上尾市役所の定住促進の宣伝ページへ行こう。

トップページ左側の「定住をお考え…」をクリック。

次に、表示されたページのオレンジの楕円をクリックすると、

1.コスパ抜群・・・」のページ末に「安心・安全な」の文がある。

埼玉県は「海なし県」、「山なし県」と言われることがありますが、断層もなく地震や災害に強いまちです・・・(省略)

Photo_2

近年の自然災害の多さを気にしたら、引っ越し先を検討する人は災害リスクを考慮することも必要な時代である。幸い、県南部では2013/9月の越谷市の竜巻・突風被害を除いて大きな災害はない(と思う)

上尾市当局が地理的メリットとしてPRするのは良いが、「断層もなく」はウソだ。下の地震調査研究推進本部のページを見よ。

深谷断層帯・綾瀬川断層(関東平野北西縁断層帯・元荒川断層帯)

ちゃんと上尾市も含まれている()

行政がこんな単純なことを知らないハズは無いから、ミスではなくウソと指摘した。そもそも「断層が無いという証明」はできない。地震のたびに学者は「地表に現れていない、未発見の断層もありますから…」と語る。もちろん「地震に強い」、と関東ローム層の上で"上尾だけ"自慢するのも中二的である。

上尾市の自然災害のリスクについては、

(海が無いから)津波や高潮の心配がない。

(山が無いから)地滑りや噴火の心配がない。

が妥当な所だ。この二つの心配が無いだけでも大きい。なお、平地だから突風災害はあるかもしれない。 この宣伝ページはテキストではなく、オール図版のために訂正がやっかいだが、どれだけ早く修正できるか見ものだ。

Photo_3

過去にもシティーセールス関係で問題を指摘した(最初のが右図)。これで三度目になるが、指摘が他市民ではなくて幸いだと思ってほしい。

しかし一度も礼は無い。読んだ職員が担当に連絡して、何事もなかったように直すから、これもバグコレクションに追加した。
 何を言いたいかと言うと、自然災害よりも行政がリスク…happy01

関連 上尾市シティセールスにみる違和感(武家の商法)

2018年10月 5日 (金)

畠山市長は市民向け説明会を拒否回答

6年間の問題の一区切りなのに説明責任から逃げる

先月の全員協議会での畠山市長は周りが驚くほど多弁だった。新政クラブの質問というよりもクレームに対し、担当部長に回答を振るのではなく自ら口火を切っていた。

でもこちらの「図書館本館を守る会」が要請した、見直し案の市民向け説明会は拒否したとある。回答理由もこじつけに近い。結局、市長出席に関わらず市民向け説明会はやらないことになる。たかだか数百文字の広報文書で6年にも渡ってきた問題の説明とするのは(いくら上尾は無関心市民が多いと言っても)通らない。

説明会を開けば、議会傍聴に支持者を動員するように某議員が建設派市民を集めたところで、それを上回る反対派も来るだろうし、当然一般市民も来る。そして結論が替わることも無い。

だから市長が市民の前で決断を説明することは、(たぶん多くが支持しているから)またとない再選運動だと思う。そんなことしなくても再選の自信があるのだろうが、少なくともこの拒否回答はプラスにはならない。市長選で推したわけでは無いが、依然として去年の公開討論会の退席・欠席問題や駅頭で挨拶だけの人という評価を払しょくできない。

畠山市長は説明責任を果たさない点では前任者と同じだ。全員協議会では「安心して」とつぶやいたが市民は家族じゃないよ。

なお冒頭に多弁と書いたが、雄弁ではない。

 関連 畠山市長の不在が多いのは出席率80~90%

より以前の記事一覧

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ