カテゴリー「上尾_市議選」の28件の記事

2019年10月11日 (金)

上尾広場の市議選の候補者情報

前記事 46人の立候補予定者  会報3

上尾広場と言う地域情報サイトが、上尾市議会選挙の立候補予定者の情報を載せています。

_ 有料掲載なので希望者のみです。運営会社は株式会社アットウィング様です。

こちらから

本日、私の紹介ページが出来ました。四番目に枠がありながら工事中でしたから、気にされていた方は是非どうぞ。

10/11現在、20人です。写真だけの方もいます。提出課題は、顔写真、動画、自由コメント、プロフィールで共通ですが、違いが分かります。

なお、私の動画は後日ですが、なぜか動画の所に写真が入ってますね…

また一部のリンクが仕事用へ飛んでいました。動画の時に、変更依頼を出します。

--------------

私が候補者で無かったら、この商売を私がやりました。ベースのアクセス数があちら様より多いので(^-^?)

 

 

 

 

2019年10月10日 (木)

上尾市議会議員選挙の立候補予定者リスト44+2

立候補予定者説明会 44人

日時 令和元年10月10日(木曜日) 13時30分
場所 上尾公民館講座室401(上尾市二ツ宮750)
※会場の都合により、出席者は立候補予定者1人につき2人(本人を含む)までです。

 


注 供託金の没収点を訂正した

 

出席しました。
候補者予定リストはこちらから見られます。私の名前は八番目です。氏名非公開の方もいます。
代理人のみの方、本人のみの方、夫婦みたいな方もいましたね。某党も来ていましたが、名前が見当たりません?

小林議員と新井議員は来られませんが、出るはずとして46人になります(なお現議員の任期は12月議会までです)。

本日は、選挙に出る人のためのオリエンテーションですが、短納期の中に煩雑な手続きも混じり、現職や政党系でないと大変です。高齢二人組の新人は、オロオロしていました。説明書類がメチャクチャ多いです。

選挙のためにかかる費用でポスターとか選挙カーとか人件費とか複雑な手続きがあるものの、公的な補助が出ます。ところが供託金30万円没収の限界値は前回の無風選挙33人(3人は大して選挙運動しない)時では221票です。500票くらいに上げた方が良いと思うのですが…。

今回は候補が多いから没収下限値は下がるでしょう。

没収点は「有効投票数÷30÷10」です。投票率は高くは無いと見ていますから、200票くらいなら○○でも集められる、と思う方はどうぞ。

そういう方がいなければ、46-数名になるでしょう。

---

「○○○○に入れるな」みたいな落選運動を選挙公報に書けるかという問いは、以前に書き込みがあった事なので、「有言実行か」と思いましたが、選管の対応は恣意的になる可能性も有り、サンプル提出後にどうなるかです。

実現したらニュース価値はあります。

本来は市民活動団体が落選運動をするのが良いはずです。住民投票を拒んだ議員はこの人たち・・と。

 

 

 

 

 

 

2019年10月 6日 (日)

悩める公共施設の統廃合問題と駅前図書館

昨日、私・宮入が代表を務める「図書館本館を守る会」の主催で出前講座「公共施設マネジメントの概要」をやりました。

こちらに報告がありますから、もう書く必要が無いと思っていたのですが・・・

図は参考 クリック拡大

Photo_20191010093601

かまちょ図書館で丸広の空床に触れる記事があったので、昨日、私が市担当者に述べたことを補足しながら、かまちょ図書館の記事へのコメントを、以下に書きます。

市担当者に来年開業のイオンモール上尾による上尾の商圏影響を危惧し、駅前商業圏の維持として、丸広やショーサンプラザなどを含めた賃床政策を勧めました。

駅前の空洞化なんて一昔前まではあり得ないことでしたが、今は駅前一等地でも商売が成り立ちにくい経済構造になっています。例えば、西口の交番に近いパチンコ店の入る商業施設も、二階のつたやレンタル店が撤退後は埋まる気配がないところに、下の飲食店まで閉店のようです。東口の宝石ツツミの後も空いたまま。そもそもタワマンのAGOタウンも埋まるのに時間がかかりました。

そこへイオンモール上尾の登場ですから、駅前商圏も影響を受けます。

さて、今年の1-3月に公共施設の関連で、民間床活用として本館のPAPA一時利用案が出ましたが、そのころ駅前の二大家が黙っていたはずは無いと推測します。しかし、集客効果との見合いをしない、単純な入札では安い方に流れます。

日本全国、駅前からデパートが撤退する例が多いですが、丸広上尾店は自前資産なので維持しているのかなと想像します。しかし、オンワード(樫山)の業績不振からブランドや店舗の削減へというニュースをみるにつけ、デパートの中核である婦人服売り場は厳しい環境にあります。

丸広に図書館という案については、床の耐荷重制限があり、現本館の書棚をそのままはムリ。今の時代の新図書館はバリアフリーで五段位が多いですが、丸広に入れる場合は、書棚レイアウトをゆったりとるために蔵書数よりも滞在型図書館になるでしょう。

ワンフロアーすべて市で借りる力は無いと思います(賃料次第です)。昔はシャワー効果と言って、集客施設を最上階に持って行き、帰りの動線で買い物に誘導する考えがありました。もうそんなことは通用しませんが、それでも1階に図書館というのは商業者からは疑問です。利用者には超便利です。

しかし一番の課題は、他の施設も同居させたり、駅前図書館を廃止し建物は民間へ貸し、現本館の跡利用(地下は書庫専用でしょう)と絡むので全体の構想絵をしっかり描けないと難しいです。

個人的には、駅西口の出張所と左右の土地がもったいない感じです。コンビニ誘致、出張所はショーサンプラザへという案を昔に書きました。これからの時代は公共資産の収益化は避けられません。

行政にも経営感覚をという流れです。

 

 

 

 

 

2019年10月 5日 (土)

スマート会報-3、秋・ハロウィンバージョン

アバウトMe 政策の基礎 会報-1 会報-2 デビュー 候補者情報 守る会14号

議員の評価 4年前に反対した議員名


私の政治活動ビラの第三号です。

前号がやや硬派でしたから、調子を変えてあります。裏面はハロウィン風です。

本日より配布を開始し、既に1000枚分の引き合いがありましたが、市の半分までは配ることはできません。

お入り用の方はご連絡ください。図はクリック拡大。

3_20191005224601

政策表現に慣れてきたためか、今回のフレーズは自分としては気に入っています。

そろそろ
地域主義や政党依存から
抜けましょう。

市民代表に求められるのは、全市的なバランス感覚と中長期的な視野の人。
そして税金の使い道を公正にチェック(監視)できる能力です。
税金の再配分を通して市民生活の格差を薄めつつも、
将来世代への目配りを怠らず
長持ちする上尾を目指しましょう。


これのネット版はありません。図版の著作権のために印刷はされないで下さい。

 

 

 

2019年10月 4日 (金)

考える会のタウンミーティングに参加

三井住宅のある協会にて、図書館を考える会のタウンミーティングに参加しました。

私が重い腰を上げてリアル活動に出たのは、3-4年前の駅前図書館三階で行われた考える会のタウンミーティングへの参加が契機です。今回は久しぶりの参加ですが、こんな立場として出るとは予想もしませんでした。

たしか前回は、ライオンズタワーの市の部屋でやった時に参加して以来かな。一般の方もいるので写真は撮りませんでした。

市政に関心のある主婦層が多かったためか、それなりに専門的な内容の意見交換ができて充実しました。私がやっている本館を守る会では一般参加はシニア男性ばかり。今回は土地柄なのか女性が多かったです。

懐かしい方にお目にかかれました。元気で長話をされました・・・(^-^?)

本日は市議選立候補者予定の人が二人来ると聞いていましたが、実際は連絡もなく来なかったようです、拍子抜け。(多分なんでも良い返事をする癖がついているのだと思う)

投票率に対する予想は出席者と私とは異なりました。上がれば浮動票が増えるわけで有利ですが、現実はどうでしょうか。あの市長・議長W逮捕事件というNHK全国トップニュースがあった後の出直し市長選ですら35%です。

今回の「われわれは18人」という幼稚なセリフ、700万円ブロック塀事件などは小粒ですから、ニュースでの広がりは少ないです。昔、北上尾の土地取引で大事件があった時は60%位だったと聞きますが、時代背景が違います。情報に触れやすい現代の方が「政治=危うい領域」という感じで関りを拒む時代のようです。

昔よりも、期日前投票制度とか商業施設内の投票所など、選挙啓発のコストを掛けていますが成果は下がる一方。地域や組織に依存した候補者は低投票率を願っているかも…。

その後、隣の星野珈琲店でお茶してきました。結構流行っていますね。

 

 

 

2019年9月28日 (土)

上尾をスマートにする会のデビュー

新聞記者も来た、私のデビュー

「12.1決戦 市議会のメンバーチェンジを!」 

実は朝日、毎日、読売、東京、埼玉新聞の各社は共同で、上尾市議選の予定候補者の情報を集めています。丁度うまい具合に、その記者さんに私の調査票を渡し、記入のチェックまでしてもらいました。

本日は「宮入さんと上尾をスマートにする会」の初披露を、文化センターにて行いました。

Photo_20190929134201

急な集まりですから満席とは行きません。でも午前中の「市民の声」のタウンミーティングと比べたら、候補者一人当たりでは上回るで 笑 。

そもそも、このような集会に大勢来るようなら、上尾市政で問題が続くことは無いはず。

AANの秋池氏も取材と称して来られました。写真は秋さんの台湾日記より

Cbd5dc21a9fd538b53a4ac5b82822c71074461f1

有名な○○に所属しているが、是々非々で考えることが大切だということで、あるご老人から昨夜、電話を頂き本日対面できました。

社協関係の縁で来られた婦人は、地元の候補者情報を語ってくれました。落ちて欲しいらしいです…

そしてアンケートを見ていたら、ある若い方が手伝ってもイイと書いてあり、ビックリです。駅でビラをもらい、本日来たと言い、確率的にはたいへん貴重です。数時間前に慌てて作ったためメールアドレス欄を設けるのを忘れました。

私の話はPowerPointとExcelを使ってやりました。

Photo_20190928224201

候補者の情報交換では引退議員二人の話は既知でした。立憲民主から一人くらい出そうだという話です。45人前後になりますが、戦いの方針は決まっています。

 

 

 

 

2019年9月22日 (日)

◆上尾市をスマートにする会-会報2

TOP固定表示中。 来週には会報-3を公開。


9秒で伝える、口コミ用のセリフ付き

先日、ネット用に公開したものと、大きく違うのは裏面の下図です。

ダウンロード - e38393e383a913.pdf


13_20190920121601

スマート会には市政に詳しい人も多く、政策集団的な面もありますが、自治体の選挙は政策で競うというよりも、人物で競う面が強いです。しかし、その「人物」とは、適性よりも「帰属性」つまりは同質集団化を意味します。

在住年数が少ないとか、目的転入と見られる方は不利かもしれません。しかし、上尾生まれや上尾育ちが十分条件なのかというと、そう言えないことは市議会の実態が証明しています。

私の売りは、一面の「1.偏らない立場」、二面の「2.実績がある新人」と「3.問題解決や政策立案」です。

1_20190923103001

市政に詳しい人には、「全市的視野の候補者」が効果的です。

そうでない一般向けは、「図書館本館を守った人」というのがすっーと伝わります。

「ブロック塀の住民監査請求で勧告を得た」は、伝えるのが10秒以上かかりますが、じっくり聞く方にはこっちのほうがインパクト大です。そのトークは、

住民の怒りの代表として「ふざけるな!」と文句言って、「ハイ宮入さんの言う通りです」と市の監査役に認めさせた人

●好きな二点を使って口コミPRをお願いします。

9秒で十分です。

さて候補者の帰属性だけで競うのであれば、戦略を語る意味は無いのですが、帰属性に拘ることが怪しい政治の源だったことに気付いてほしいものです。ちなみにブログ・ビジネスゲームの館の管理人と言っても、地上戦では伝わりません。

チラシをお友達にも挙げたい方は宛先などをご連絡ください。10枚単位でお申し込みください。個人情報については厳格に取り扱います。

 ageoshi@gmail.com

--------

今回の会報-2は、『誰が・何を」を示すために情報の多いフォーマル重視でしたが、10月はイメージ版がでます。

スマート会の集会は9/28土ですが、11/2土 または 11/17日も予定中。全て文化センター、午後二時から一時間。

参院選中は活動停止です。

 

2019年9月21日 (土)

本日の駅頭活動から

JR上尾駅の東側にて、「宮入さんと上尾をスマートにする会」の会報-2による活動を仲間としました。

そろいのジャンパーもありますが、蒸し暑いのでスカーフです。オレンジとグリーンを用意し、シャツがオレンジならスカーフは緑と言う感じ。

2_20190921215001

図書館問題でのチラシ配布とか署名運動の経験はあるし、二年前の市長選のときに鈴木茂候補を推したときのチラシ配布の経験がありますから、苦ではないのですが、市民の市政に対する関心は低いままです。

そうだからこそ甘い汁を吸う人が居られるわけです。

受け取る人の特性は予想と変わりませんが、渡すコツもあります。

後ろの方で商業目的(つまり勧誘)で若い男性が何かやってましたが、成果が無いように見えました。傍らで宗教活動のスタンディングをしている人達がいました。彼らは選挙には行きません。理由は尋ねてください…(^^♪

本日は、ある方が10枚弱をまとめてもらってくれました。知り合いに渡すとのこと。私が対応したのではないのですが・・・驚きました。

こういう方はチョー珍しいですが、やる価値がありましたね。

既に支持者からは1500枚の受注が来ました。といってもその後は本当にご苦労なことです。無償の活動ですから・・・

以上

 

2019年9月18日 (水)

政策チラシのネット用-1 宮入 勇二、上尾市議選

宮入さんと上尾をスマートにする会。ネット用のチラシを公開します。

ネットは情報を取りにくる方が多いので、文字の多いチラシです。お読みください。

ダウンロードはこちらから

Photo_20190924103201

カラー印刷のチラシは、これとは文字を少なくしてデザインも少し変えて「会報-2」として後日公開します。

 

2019年9月16日 (月)

匿名から実名活動に替わった私の原点

本館を守る会のニュース13号を上尾駅頭で配布

既に書いたように、本ブログは半匿名でしたが、この街の図書館問題にしびれを切らして、三年前に上尾市図書館本館を守る会の二代目の代表となり、実名の活動を始めました。

いつまでもビジネス(仕事)ばかりではダメ、という内的な変化もありました。といっても、「私」ではなく「見解」を売るのが目的ですから、名前の認知度は低いです。

しかし、

『本館を守る会』が、私の社会的市民としての原点です。

仲間五人でチラシを配布しました。

13_20190915233001

カラー版と白黒版は 守る会サイトから ダウンロードできます。

 

「宮入さんと上尾をスマートにする会」のチラシはもう少しお待ちください。

その後、プロモーションビデオや専用HPも作る予定ですが・・・人手不足はここにもあり (^-^?)

 

 

 

 

 

 

 

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ