スポーツ

2017年10月23日 (月)

三つ巴の戦いに勝ったのは村田。そして池上も連勝中

選挙特番、台風情報、ボクシング中継の三つ巴
 
この日の勝者は村田諒太である。
 
S 世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトル戦が国技館で行われた。挑戦者の村田諒太がチャンピオンのアッサン・エンダムとの再戦を7回終了TKO勝ち。
金メダリストがプロボクシングの頂点に立ち、かつ重いクラスというところに価値がある。
 
試合後インタビューへの答えがイイ。ボクシングを喧嘩みたいに扱ってきた亀田家とは大違いな所に、彼への広い人気がある。
 
以下引用(スポニチアネックス)
 
「友人です。彼も友人だと言ってくれていますし、僕もそう思っています」とコメント。「“ボクシングで勝つということは相手を踏みにじって、その上に自分が立つこと。だから勝つ人間には責任が伴う”と高校の恩師が言っていた。だから彼の分の責任を伴ってこれからも戦い続けます
 
殴り殴られの死に物狂いで戦った直後、リングの中で玉の汗を流しながらも、こんな深いことを語る村田諒太とは人としても傑出している。オリンピックの時の勝利インタビューを思い出し(文末)、まさにその道を歩んでいるとうなづいた。
 
同じ勝利でも、安倍氏はこんな深いことを語れるだろうか。
 
その自民党安倍総理に開票速報中にインタビューしたのが池上彰氏だ(テレビ東京)。
画面の安倍氏の顔色には緊張感が見てとれる。
池上氏の質問への答えは一方的に多弁となり、時間が浪費するように映る。なんと中継中に党本部の花付け当選を告げる大声が騒音のように何度も入り、聞きづらくなり、二人のやりとりが画面の中で遅滞した。
そして予定された数分が切れた。
 
ところがこれで終わらない。
 
なんと、池上氏は後に岸田政調会長とのインタビュー冒頭、『テレビ中継のインタビュー中は外部音を入れないようにするのがルールのはず』と言う趣旨のことを堂々と述べた。
(なるほど、そんなルールがあるならば、あれは意図的と疑われても仕方ない…)
 
さすが、選挙特番は池上無双と言われる所以だ。
 
 
関連

2017年10月 3日 (火)

初めてベンチプレスで140kgを挙げた、

 
 
人を隣から見た。
 
 
頭を左に傾けたら、
 
隣りのバーが視界に、
 
片側に、25kgが2個と10kg。
 
 
ここには一般人以外にもパワーリフティング愛好家が集まる。ベンチプレスが4台、本格的なリフティングができる場所(何て呼ぶのだろう)が3つ。
 Simg_7988
 
最近100kg上げる人は減ったなーと古参メンバーは言う。最近では最高かも「スゲーよな」って二人で呆れながら称賛した。
 
70歳過ぎでも、80kgを挙げる人がいたりする(選手経験者だが)。
 
素人が、そんな年寄りの隣でやると、惨めを通り越して滑稽・・・coldsweats02
 
だから、
 
発泡スチロール製のダミーが無いかなと想うことがある。
 
 
実は、自己最高で160を超したことがある。
 
 
 
「血圧」なら負けない。
 
 
 
 

2017年9月14日 (木)

大相撲の力士がケガで休む理由は体重だけじゃない、国技だから

3横綱1大関の休場は1999年春場所以来18年ぶり
 
その頃は相撲好きの母を連れて年一回は両国へ行った。当時はチケットを取るのが大変だったが、二人用の升席は三角形でやや広め。場内下通路へ入って力士に接近したり、取り組み後には土俵を触ったりもできた。今はガードマンがいるから、そんな振る舞いは禁止だ。
 
なんと今場所は休場力士が七人もいるとか。原因は力士の体重増加と言われるが、シコが減ったからとも言われている。
下にも書いたが、相変わらずの本人に背負わせる精神主義があると思う。相撲界は科学的管理を疎かにしていないだろうか。
 

大相撲と大リーグ(MLB)の違いとは

小さい傷の内に、相撲協会が本人の意思にかかわらず故障者リストに入れて休場させる仕組みにすればよい。休むことへの負い目を抱かせないことだ
なり手が希少な力士が長持ちしないようでは興行主としても危機になるはず。動けなくなるまで戦えというスポーツでは、オレだって入門したくないよ…coldsweats01
 
シナイでしごく稽古は廃止されても、プロスポーツとしては封建的みたい。

 

2017年8月19日 (土)

逆転サヨナラを呼び起こした珍しいエラーの後の物足りなさ

仙台育英9回逆転サヨナラ!大阪桐蔭の春夏連覇砕く

 
チャンネルを替えたら9回裏ツーアウト一・二塁。試合が終わる場面で運が良かったと思ってみていた。
 
打球は平凡なショートゴロ。
普通にアウトのタイミング。
 
誰もが試合終了と思ったが、審判は手を広げていた。
 
何が何だか分からない騒然とした瞬間だった。
 

S

 
再生では、一塁手がベースを踏まないで捕球し、慌てて踏み外してしまった。
 
高校野球ではエラーも試合の内だが、かなり珍しいエラー。
 
ツーアウト満塁。
 
で、この後サヨナラの長打を打たれて大阪桐蔭は負けた。
 
どちらを応援していたわけでもないので、冷めた目で見ていた。その後の映像では、日本人ってよく泣くものなのだなーという気もしたが・・・
 
両監督のインタビューよく聞き取れなかったけど、なにか物足りない。
 
誰も望まない一瞬の出来事が明暗を分け、敗者には重くのしかかり勝者はその裏返しに過ぎないのだから、二人教師はもっと含蓄のある言葉を話して欲しかった。
 
名言を期待したわけだけど、日本人は苦手かな。あるいはそこまで高校野球に求めてはいけないのかも。
 
大阪は天気が良くて、うらめしい・・・
 
 
後から思うと、二塁に投げる場面で、一塁に投げてこないと思ったのかもしれない。

2017年5月23日 (火)

大相撲と大リーグ(MLB)の違いとは

それは、稀勢の里とダルビッシュの違い

 
痛いですか?
 
「いや」 と答える。
 
先場所の逆転優勝は相撲史に残ると思う。昔の貴乃花が半月板損傷のけがをおして武蔵丸を破った一番に重なる相撲だった。
 
しかし「痛みに耐えて頑張った、感動した」結果の代償は予想以上に大きかったはず。たしか長期休業だったと思う。
 
大リーグなら間違いなく故障者リスト入り
 
ダルビッシュがレンジャーズで投げ始めてからは、日本のプロ野球がつまらなくて大リーグ中継で応援したものだが、なんと三年目からはケガと手術でたっぷり一年間も休んでしまった。
 
一年間も休んでいると興ざめするが(田中を見てたけど)、今年は以前よりも粘り強いピッチングをしている。筋トレで体もでかくなった。
 
大相撲には医者がいないのではないかと思う。
相変わらず、つける薬は根性だけなのか?
 
けがに耐えて戦う姿勢に価値があるのか、治療に専念させて、回復後の高いパフォーマンスを期待するのか、という差なのかな。
 
稀勢の里が休場を選択できない理由は何だろう。
 
「ナショハラ」か?
 
ナショナリズムハラスメント ・・・ (^-^?)
 
 
もう一度
 
痛いですか?
 
 
「見ていて 痛いです」。

2017年3月26日 (日)

地位が人を作る、の良い例

地位が人を作るのか、人が地位を作るのか
 
稀勢の里という恵まれた素材の人が、先場所の優勝でようやく遅咲きの横綱になった。
時間がかかっても、彼が横綱という地位を得たのだ。
S

稀勢の里の相撲を見ていると昔とはだいぶ変わって落ち着いている。

そしてあきらめない。

残念なケガに見舞われたけれど、
ここ一番に弱いというところを感じさせない別人みたいになった。
 
地位が人を作る好例だと思う。
 
おめでとう。

2017年1月 3日 (火)

照井明人選手の箱根駅伝10区一位は参考記録でも記憶に残る快挙です

オープン参加の関東学生連合10区の照井明人君、頑張ったよ
 
10区 1時間10分58秒、で一位。
快挙です。
ここでは参考とか幻なんて書きませんよ!。
区間賞です。
 
二位は順天堂大学の作田君。
 
関東学生連合は予選会で勝ち残れなかった大学からのトップクラスで編成されたチーム。
なんとなく名前から、暴走族を連想するけれど、そうじゃない。
 
照井明人君は東京国際大4年生、岩手・専大北上高出身です。
なぜ専修大学ではないのか分かりませんが・・・
 
それはともかく、予選会の悔しさをばねに、皆さん結構がんばるんです。
去年2016なんかは、総合11位です・・・
でもどんなに頑張っても、公式記録には残らない。
テレビにもなかなか映らない。
1
いつか優勝してほしい気もします。
 
間違って、受験希望者が殺到するでしょう、って去年も書いたな。
今年の箱根駅伝で気になった選手は・・・
東海大学一年生の關 颯人君(セキ ハヤト)
長距離ランナーを輩出する佐久長聖高校出身。
去年の高校駅伝での長身から繰り出すストライドの快走振りが目を引きました。
 
一年生にしてエース区間の2区抜擢は凄いです。
今年は苦戦でしたが、来年以降は楽しみ。
佐久長聖から東海大学、日清食品がすごろくみたいですね。
 
関連
 

2016年11月20日 (日)

2016上尾シティマラソン結果速報・ハーフ、5km、3kmの部

2016上尾シティマラソン・ハーフ、5km年齢別、3Kmの上位成績
 
上尾陸上競技場の掲示板からの引用。下記は全競技セグメントを出しているわけではありません。 大学生のみ順位タイムを表示(更なる順位は最下部写真へ)
 
ハーフ大学生男子 順位タイム
1 武田 凜太郎   早稲田 1:1.59
2 上田 健太  山梨学院 1:2.01
3 鬼塚 翔太  東海大学   1:2.03
4 小松 巧弥  日本体育大 1:2.04
5 相澤 晃 東洋大学 1:2.05
6 平 和真 早稲田 1:2.14
7 鈴木 洋平 早稲田 1:2.16
8 松尾 淳之介 東海大学 1:2.17
ハーフ男子日本陸連登録者 ネットタイム
1 高田翔二 1:2'11"
2 佐野広明 1:3'32"
3 合田 佳功 1:3'36"
4 横山 諒 1:4'06"
5 五十嵐 真悟 1:4'20"
6 荒木 祐哉 1:4'46"
ハーフ女子日本陸連登録者 ネットタイム
1 加藤 明日美 1:16'46"
2 藤野 彩花 1:25'51"
3 佐藤 奈美 1:26'49"
4 福田 恵美子 1:26'57"
5 にゅう村 かりん 1:27'36"
3Km小学5年男子 ネットタイム
1 冨田 洋輔 10'41"
2 片岡 遼哉 10'52"
3 千葉 大輝 10'54"
4 高橋 拓士 10'59"
5 田川 誠志郎 11'01"
6 立嶋 大輝 11'10"
7 深滝 陸雅 11'11"
3Km小学6年男子 ネットタイム
1 池澤 悠冬 10'10"
2 渋谷 優斗 10'24"
3 浅野 剛志 10'25"
4 安江 悠登 10'28"
5 浮田 凪 10'32"
5km中学男子 ネットタイム
1 西田 大智 15'56"
2 坂本 順 15'59"
3 奥山 颯斗 16'00"
4 三角 隼人 16'06"
5 小川 翔大 16'23"
5km男子40代 ネットタイム
1 丸山信一郎 17'23
2 門井 慎 17'38"
3 三上 興志 17'51"
4 萱嶋 幸雄 17'59"
5 大林 和夫 18'09"
5km男子60代 ネットタイム
1 大沢 栄一 18'32"
2 新井 好 19'51"
3 添野  義光 20'24"
4 原田 清 20'57"
5 水村 良  21'11"
5Km男子70歳以上 ネットタイム
1 岡野 克生 19.58
2 山口 功 20.53
3 山崎 和男 21.32
4 杉山 一郎 22.12
5 白鳥 光一 23.08
3km小学6年女子 ネットタイム
1 大塚 深雪 11.14
2 古城 理名 11.22
3 西岡 愛香 11.27
4 齋藤 瑠奈 11.33
5 星野 心 11.39
6 野坂 夢月 11.42
7 齊藤 梨央 11.45
8 岩井 咲璃 11.50
3km中学生女子 ネットタイム
1 石田 琉奈 10.53
2 間正 百香 10.59
3 山崎 芽衣 11.02
4 古和 七海 11.06
5 渡邉 夢衣 11.13
6 大島 朱音 11.13
7 所  春菜 11.16
8 村山 沙耶 11.17
5km女子40代 ネットタイム
1 友清 紀子 21.51
2 平川 亜矢子 21.57
3 坂本 明日香 23.00
4 檜山 千都世 22.56
5 安月 綾 23.01
6 小金井 富恵 23.29
7 棚澤 智子 23.33
8 堤 美和子 24.14
5km女子50代 ネットタイム
1 加藤 尚美 19.31
2 田波 順子 20.25
3 松崎 朋子 20.30
4 小崎 康代 20.41
5 坂内 和美 22.03
5km女子60歳以上 ネットタイム
1 吉岡 志津子 23.02
2 柴田 明子 24.11
3 清水 悦子 25.38
4 天渡 祥子 25.57
5 新井 好美 26.42
 
速報一番のりを目指しました。そのため内容の殆どは前日に書いたものです・・・\(^o^)/
近年はリソグラフを使って現地で号外を刷るなど、ましな対応です(ただし大学生の記録)。
電子タグを使っているからリアルタイムで順位が出ても良さそうですが、その当たりは計測集計をしている企業の力量なんだろう・・・と思います。
上尾シティマラソンの細かな結果報告はゴールしてから来週の疲れが取れたころに、テクノプラン社のこちらあたりで開示されるでしょう。
早く出せる計測屋を使えばと思うのですが、上尾市の地元企業でした。
 
●5km、**歳代女子・・・市内の堤さん初出場で8位入賞、満面の笑み。
Img_98612
●濃霧の中から現れ
Img_9842
●濃霧の中へ去ってゆく
Img_9845
 
本大会は、日本陸上競技連盟公認大会というのがウリですが、箱根駅伝の校内選抜とか調整にも使われるために強豪大学が団体で走るのが見どころ。また市民ランナーから親しまれている県庁の川内優輝選手が毎年のように出場して沿道を沸かせてくれます。
最近は、公務みたいな感じに見えてしまいます・・・プレゼンター川内君からもらう方が嬉しいよね。
Simg_9916
募集人数
ハーフ:5,500人 4000円
5km: 1,500人  3800円(中学生男子は1000円)
3km: 1,200人  500円(中学生女子は1000円)
 
目的には一般市民の健康増進もありますが、ニュース価値としても置いてきぼりです。なお、参加費は5Kmがたいへん割高であり、ハーフがお買い得です・・・。キロ当たりグンとお安くなりますから、主婦ランナーにお勧めです happy01
 
下世話ですが、参加費の総収益(売上高)は推定2,800万円とはじきました。が、招待選手(大学等?)もかなりいたり、実際人数は毎年替わるので良くわかりません。でも、カネを払ったものの、欠席も2割います。だからそれを見込んで定員オーバーでエントリーさせているかもしれません。大学受験を思わせます・・・
 
●大学生の部(クリック拡大)
 Photo
参考
 2015年度 種目別出走率・完走率(第28回上尾シティマラソン)・・・主催元HPより引用
  エントリー スタート フィニッシュ  出走率  完走率
ハーフ 6370 人 4866 人 4435 人 76.39% 91.14%
5キロ 1667 人 1412 人 1409 人 84.70% 99.79%
3キロ 1256 人 1097 人 1093 人 87.34% 99.64%
合計 9293 人 7375 人 6937 人 79.36% 94.06%

2016年10月 1日 (土)

ダルビッシュ圧巻のピッチング、6回を12奪三振

久しぶりに見たダルビッシュの脱三振ショー

 
いい具合に朝からBS放送。
ひじの手術明けの今年は中盤からだが、良かったり悪かったりでパッとしなかったので、少し残念な気持ちで見ていた。ダルビッシュのことを書くのは久しぶりだなー・・・happy01
 
今日は先頭バッターに10球も費やした時は、アレーっと不安がよぎったけれど、凄いときのダルビッシュをみることができた。
 Photo
治療中に筋トレのかいがあってダルビッシュのスピードは150km前後から158km前後まで増した。それはイイと思うのだけれど、相変わらずコントロールがばらつく。
 
前回の試合はとても良かったらしいので、珍しく二試合続けての好投だ。
相手のレイズは先日、ヤンキースの田中から一イニング4ホームランを打った打線。ダルビッシュはたった6イニングで12個の三振をとったから、これは凄いにつきるだろう。
 
たしか放送でアナウンサーが奪三振率では大リーグ一位とか言っていた。凄いよ。
大谷の160kmは結構ファールにされるのは、バッテングマシーンに近いのだろうとある解説者が言っていた。
ダルビッシュは空振りのとれるストレートを投げる。回転数がものすごく多くて今の大リーガーではシャーザーに次いで二位とかの記事を読んだことがある。
 
ぜひともポストシーズンでエースの働きをしてほしい。
レンジャーズは一度もワールドチャンピョンになってないから、その立役者になってもらいたいものだ。
一年目の屈辱をはらせ。
 
それにしても髪の毛長すぎだよね・・・

2016年9月16日 (金)

こんな凄いボクシング試合2つは見たことない。山中慎介KOV11と長谷川3階級制覇で這い上がる

近年まれに見る倒し合い。亀田や井岡とは比べようがない
 
凄い試合は過去にもあったが、本当にハイレベルでドキドキする試合を二つ続けて見たのは珍しい。ボクシングの歴史に残ると思う。が、録画するの忘れた。

V11ko_2

 
山中の試合を見るのは楽しみだけど、内山がこの前 負けたので、最後の望みみたいな気持ちもあった。
 
前回試合は見てないものの挑戦者のアンセルモ・モレノがもの凄いボクサーであることはよくわかる。フットワークは無くても、体を動かして左右のスピードあるパンチが、山中を的確に襲う。
「神の目」ってそういう意味かと納得するくらい、大きく見開いた目で相手を見つめる。
 
初回のダウンは、いつ山中のパンチが当たったのか分からないまま、相手は激しく倒れた。スロー再生でようやくわかる。
 
当節、やたらと「神」を冠して、安物神が流行るけれど、山中の左ストレートは本当に神の左だ。昔ならカミソリ・パンチとか言ったと思うが、それでは形容不足かも。
 
左が当たれば必ず倒れる。モレスはそれまで三度ダウンしては立ち上がてきた。それだけでも凄いと思った。7Rのフィニュッシュはかすっただけと思うが、力尽きた。賞賛されるボクサーだ。
 
なんと前座が長谷川穂積の「負けたら引退」という試合。山中の生中継後に録画編集で放送されるとは・・・。
 これも凄い打ち合いと流血試合。WBC世界スーパーバンタム級王者ウーゴ・ルイスを9回TKO勝ちして3階級制覇だ。
この試合だけでもメーンイベントに相応しいと思う。35歳、長いことやっていて日本人最多16度目の世界戦というから、これまた凄い。
 
 おめでとう。
 テレビの前で拍手した。
 

より以前の記事一覧

かまちょ図書館

  • はるかさん
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ