無料ブログはココログ

文化・芸術

2017年1月 2日 (月)

ネガフィルムと新聞風デザイン年賀状

2017年用
年賀状
レイアウトデザイン
S2017

2016年10月20日 (木)

君の名は。

越後屋、お主も悪よのぉう・・・
 
 ケッPhoto_3 ケッケ、お代官様ほどでは・・・
 
それは何じゃ?
 
 ヘー、本でございます。
 
本なんか読まん!
 
 ごっご冗談を…諭吉翁の肖像画集です。
 
 で、お取り巻きの皆様はどちら様ですか・・・
 
茶坊主。
 
 遠巻きの衆は・・・
 
グ民。
 
 さて、その外側の衆は・・・
 
三猿町民。
 
 そのまた外側で見守る衆は・・・
 
お主も く ど い の ー ・・・
 
 『ワシには見えんぞ』
 
 
この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。 図はナゲ屋ナナマルさんのLINEスタンプからの引用です。お買い求めはこちらの人気サイトへどうぞ。 
 
 
 映画「君の名は。」が150億円超の興行成績で、東宝が過去最高益とのこと。
 
 しかし「君の名は」で思い出すのは、菊田一夫氏の作品です。タキやミツハではなく、真知子と春樹。若い人が元祖「君の名は」を知らないのは残念です。
 ラジオ放送では女湯を空にしたと形容されてますから、映画の方は教室を空にした、なのでしょうか。 見に行きたいな~
 
 ラジオで聞いた世代でもありませんが、「君の名は」で思い出したのは、仕事で(菊田氏の)息子さんと一緒したこと。長髪でUNIXオタクみたいなエンジニアでしたが…名刺探せばあるかもな・・・今どうしてるかな。
 
 
でも、君の名が気になるね。
 
まぁ、トーホーに言わせれば、
 
「新(あたらし) ごじら」君・・・ coldsweats02
 
前段があまりに汚い話ですから、少し"クリーニング"して終りました。
 
 
関連
 

2014年12月11日 (木)

マララさんの平和賞スピーチを伝える方が意味のあるテレビのノーベル賞中継

マララさんの英語スピーチは大学受験にも使われそう

Photo_2 日本人のノーベル賞受賞ニュースは十分すぎるほどなので、下世話なテレビ報道よりもマララさんの受賞スピーチを真面目に伝えた方がイイと思う今日でした。
 
簡潔なフレーズで、戦争と平和を対比的に訴える、力強いスピーチだと思う。
 
かつてノーベル平和賞は本当にそれに値するのか疑問の人が受賞していた。我が国でも。
しかしマララ・ユスフザイさんの受賞には世界が賛同している。
 
朝日新聞より

2014年6月26日 (木)

小さな駅頭で、ビックイシューを売る初老の販売員氏は見習い中という

久しぶりにビックイシュー日本版を買った

 
商用が終わり、都心の中の小さなJR駅に戻った時、彼の姿が目についた。真っ黒に日焼けした顔と赤帽子がまるで漁師のようにたくましい。
 
首から下げた「研修中」という大きな文字と頭上に掲げた「マイケルジャクソン」の顔も目を引く。
 

Bigissue_3

初老の男性は販売員を始めてまだ10日ほどらしい。少し立ち話をした。
しばらく研修期間中が続くのだという。
 
以前は空き缶拾いをしていたと言っていた。「行政がうるさくなったからね・・・」と転職理由を話したが、その意味は直ぐに分かった。
 いわゆる資源ごみの持ち去り問題だろう。
 
 まあそれはともかく、「売れない時は三時間くらいさっぱりだ」とか「一日15-16冊」くらいかなと話してくれた。それなら本日は、昼前で私で8冊目だから、いいペースではないかなと。
 
 その日は曇り日だったから良いけれど、これから暑さが酷くなるとどうするのだろう。挨拶をして別れた。
 
 
 2014.6.15日の第241号はマイケルジャクソンの特集記事だ、と言っても4ページ程度の物。元々、雑誌としてはとても薄く、料金350円に見合うものでないのは仕方ない。
 
 でも今日は久しぶりなので、電車の中でまじまじと読んだ。
 巻頭のピックイシューの企画主旨文が良かった。前にも読んでいるはずだろうに、全く忘れていたのでとても新鮮だった。
 
 折しも、世間では株主総会の時期だが、最後の編集後記に「有限会社ビックイシュー日本」の決算書が載っていた。P/LとB/Sが見られたのはラッキーだった。事業としては大変なようだか善意で支えられているという趣旨が報告されていた。
 
 元々31頁の薄い雑誌ビックイシューだが、本号で心ひかれたのは最初と最後のページだけだった・・・。
 でも、それでイイのだ coldsweats01
 
 
  ----------------------------- 巻頭の説明より一部引用
 THE BIG ISSUE JAPAN
 
 ビックイシューはホームレスの人々に収入を得る機会を提供する事業として、1991年に英国ロンドンで始まりました。ビックイシューを創設し、その基礎を作ったのはジョン・バードです。
・・・・中略
 
 最初、販売者はこの雑誌10冊を無料で受け取り、その売り上げ3500円を元手に、以後は170円で仕入れ、350円で販売し、180円を彼らの収入とする。販売員全員が行動規範に同意し、・・・・ 略
 --------------------------------
 
 ビックイシューの行動規範は極めて厳格で誠実なものだ。ところが世の中には、それ以下で堂々と往来で商売している例を見かけることがある。
 
 

2014年2月 6日 (木)

佐村河内守による作曲ゴーストライターの背景はハロー効果ですかね

スケールの大きい詐欺事件だけれど、耳が聞こえないのは聞き手の方

なんとなく聴覚障害のある作曲家がいて凄い人気なんだ、という事は知っていた。名前もずいぶんと芸術家風の変わった名前の人だと、その程度しか知らなかった。幸か不幸か曲自体も聞いたことが無い・・・
 タレント本にも似たような例があるけれど、その場合は実質ゴーストライターありきで通っている。今回のようにクラッシック音楽で18年とかはスケールが違う詐欺だね。
 
耳が聞こえなかったのは、作曲者の佐村河内守ではなく、国民(聴衆)の方だったということなんだろう。その点で当の二人を責めるだけでなく、音楽の聞き手にも耳が痛い話だ・・・coldsweats01
 
 結局は、曲の良し悪しに感動したのではなく、障害者とか被爆二世というハンディを背負いながらの姿に感動したのではないのかな。騙されたとばかりの非難は言えない、マスコミや関連団体なんかはその先棒を担いでいなかっただろうか。
 つまりは、ハロー効果だよね、って思う。
 
 めざしの頭も信心から。これは違うかな・・・coldsweats01
 
 世論とかも、こうやって誘導されたりするものなのだろうか。
 

2013年9月20日 (金)

伊奈学園体育祭-2013年-上尾陸上競技場貸切の巻

秋晴れの下、伊那学園中学・高校の体育祭が開かれた

 
 
 

Img_6053

 
 今年は、湿度が低くて絶好の運動会日和だったと思う。澄んだ青空、緑の芝生と赤いアンツーカーがきれいだ。

Img_6057

途中から見に行ったけど、好天のためか去年よりは保護者の数も多かったように思う。
 
このマンモス学園の運動会には、界隈では上尾陸上競技場しかありえないというのが良くわかる。でも総勢3000名弱なのに、広い所に来るとそれほど多人数には見えないのが不思議。

 途中抜けたので、それこそ、少しばかりの記録になった。

 女子の棒引き競技が結構しぶとくやっていた印象がある。乙女の恥じらい無き戦い、という感じ。

Img_6056

各ハウスごとに旗がある。

Img_6054

Img_6055_2

走る競技が多くて、ハウス対抗とかクラス対抗と言うのがある。高校は一学年20クラスもある。
 クラスを識別するのが1年-1組とかいう数字区分でないから、親としては何年いても訳が分からない。伊奈学園の謎である。
 
 第1ハウスは中学校の部だから、ハウス対抗とは中学も高校も一緒にして戦うので、結構容赦ない世界(学園)なのだなー、とヘンに感心した。 
 
 近くに立っていた生徒に尋ねたら、親切に競技の解説をしてくれた。このような生徒の応対がとてもいいな、とこの学園の生徒に会うたびに思う。
 
 この学校の生徒特有なのか、あるいはこの程度は普通にできる事なのか、その当たりは良くわからない。 わが子は、親に対してこんな風に接して話してくれることは無いのに・・・、よそのオジさんだったら、こんな風に話すのかなー?
 

Img_6048

Img_6058

Img_6061

Img_6064

Img_6070

できれば一眼レフカメラ、望遠レンズが必需品だ。それと、残暑厳しい時はうちわも必要だ。

去年はあっただろうか、実況中継のような放送。絶叫調でまくし立てていたが、あまり聞き取れない。 実は運動場から離れていても結構聞こえていた。苦情来なければイイね。

 

Img_6089

 最後の閉会式。ご苦労様でした・・・

Img_6112

生意気なことに、最近の子供は、打ち上げと称してグループで会食するらしい。
 
 
三年生だろう、さっさと風呂に入って汗流したら、ベンキョウせい・・・。頭の体育祭がもうじきだぞ。 coldsweats01
 

2013年9月 8日 (日)

伊奈学園高校の文化祭(第28回いなほ祭)は創立30周年だった

二回目の伊奈学園高校の文化祭を見に行った。2013.9/8


あいにくの雨の日曜だったけれど、今年で最後になりそうなので見に行った。正門のアーチはお城をデザインしたようだ。白黒だから地味だった。

Simg_5918_2

クラスごとのT-シャツデザインのコンテスト募集風景。他校でも見たが、毎年作り替えるのが風潮のよう。

Simg_5921

伊奈学園の玄関ホールは広くて立派だから、初めて見ると圧巻。ここでアーチの意味が分かった。「六双」とは6ハウスの意味だね。

Simg_5922

入口でのイベント風景。とにかく入口付近は賑やかな方がイイね。

Simg_5923

3ハウスの機関車。意味が分からないけれど、木製の巨大展示物で乗車できる。Img_5925
雨のため、昨年よりも空いていた。

Simg_5924

でも定番のお化け屋敷などはけっこう列をなしていて、子供や女子高生の嬌声が聞こえてくる。

屈託のない笑顔で迎えてくれた3Lの呼子さん。

Simg_5931

ファミリー向けに、楽しく過ごせるイベントが多いみたい。Simg_5934 ↑はミス伊奈学ではなくて、ミニ伊奈学・・・

あちこちに、ステンドグラスがあって、けっこう綺麗。Img_5936 2ハウスのステンドグラス

Img_5941

↓クリックで拡大

Img_5942

Img_5957

至る所にオープンスペースがあってイイね。

Simg_5947

コミュニケーションの場になるのだろうけれど、当節はスマホばかり見ているだけだね。

以下、その他いろいろ

Img_5954

Img_5975

Img_5977

Img_5980

Img_5996

 

●見ごたえと乗りごたえのある企画。コーヒーカップ。

Img_5969

名前から喫茶店かと思ったけれど、遊園地の乗り物、コーヒーカップのこと。

Img_5958
人力だ。

Simg_5966

Img_5960

良くできていた。全体が回り、カップの箱も独立して回る。工業高校ならともかく、本校(失礼)ではなかなかの労作だと思う。残念ながら二階の奥まった教室だから、来客が少ない。

とうとう、こんな動く物まで作る時代になったのかと言う驚きだった。

●文化祭らしい展示も

Img_5985

Img_5989

Img_5992

 

Img_5998

Img_6001

-----------------------------
巨大な学校だから、とてもじゃないけれど全部見るなんてことは短時間ではできない。体育館の方はいかずじまいだった。せっかく練習したのに、野外のイベントも雨で残念だったね。ご苦労さん。


教頭先生が言っていたけれど、卒業時にアンケートをとり、高校生活への満足度が県下公立高校ではダントツらしい。 あながち嘘ではないという事はこの学校へ来れば雰囲気で分かる。


正門入ったところに掲示されている生活訓。

Img_59192

部活動が盛んで、明るく楽しく学校生活が送られているであろう様子は、この学校へ来るたびに思う。

でも、二番目の項目は生徒も先生達にも少し物足りなさを感じる・・・coldsweats01


今年は30周年とのこと。老朽化も進んでいるようで、リフォーム工事中の校舎も見受けた。

おりしも、今朝2020年の東京オリンピック開催が決まった日だ。

7年後には、生徒たちは20代半ばになっている。社会人として緒に就いた頃だろうけれど、果たしてどんな生活を送りながらオリンピックを見ているのだろうか。

皆、楽しく観戦できることを願う。

中には出場する人もいるかも・・・
 
 
去年の記事

2013年8月18日 (日)

ニフティの終活セミナーとウェブ上の情報遺産について想う

ニフティの終活セミナーに出かけてきた。Web上の情報は永代供養しないの

就活は漢字変換できるけど、「終活」はまだ認知されていない造語なんだと改めてIMEを使って思う。
かといって、こんな言葉を単語登録するのもイヤなものだな・・・

どうしてこんないい場所でやるのか不思議だったけど、そしてなんでニフティが終活セミナーを開くのかも不思議だったけれど、久しぶりに丸ビルに入った。

夏休み中の土曜ということもあり、丸ビル内は結構にぎわっていた。

終活セミナーはお盆の時期というタイムリーさもあるのだろう、20名くらいの参加者だった(思ったよりは少なかった)。

Img_56782_2

就活ではないから、若い人は皆無。

猛暑の中出かけてくるわけだから、お迎えの近い人もいない。

みな元気そうで、まだ時間的余裕がありそう・・・coldsweats01

内容は至って初歩的なことかもしれないけど、エンディングノートやお墓の問題とか、そもそも予備知識が全くないから、その点では少しは役立ったかな。知りたいけれど知りたくない情報とうやつだね。
ある程度知識がある人には物足りないかも。

なんとなく、人生の最後もカネ次第という側面が見えてきた。

例示されていた平均値、葬儀は200万円、墓地は200万円というような金額は地域差もあるだろうし、当節からしたらやや高めに出ていたような気もする…

墓石屋さんから見せられた墓地パンフレットには、寺院墓地、公営霊園、民営霊園などの情報が写真入りで地域別に整然と載っていた。

アクセスとか、売り出し日とか、m2単価とか、ほとんど住宅情報誌だよ・・・coldsweats01

●一番の関心ごとは、物的な遺産ではなくWeb上に残された知的あるいはその人を想い起せる情報財産についてだけれど、悲しいかなニフティの答えは時代遅れだった。
わざわざニフティがこのテーマでセミナーやるのだから、それにふさわしいサービスの提供つまりは永代供養があると思ったのだが・・・

改めて書いてみたい。

------------------------------------------------

帰りに、一階フロアーで恐竜展があって子供連れで賑わっていた。

Img_5683


良くある骨格標本だけれど、さっき骨壺の話をしてきたばかりだから、こんなでかいと納骨どうするんだ・・・と心配してしまった。

Img_5682

丸ビルから見た東京駅等の景色

Img_5674

Img_5675

 

Img_5671

建物は一つ一つが立派なんだけれど、建てこんできて、狭くなったなーという感じ。

一極集中しすぎだよね。

 

2013年7月25日 (木)

上尾市の聖学院大学の学長に姜尚中氏が就任へ

聖学院大学の住所は上尾市だけれど、最寄駅は宮原なんだね

高校生の模擬試験会場に良く使われるので、車で送り迎えに行ったことがある。と言う理由で、聖学院大学の存在は知っていた。

空いている時期にスペースを貸すのも民間大学の収益事業なのだなーと思うし、受験生に認知されるから、入学募集活動にもなるんだなー、と思っていた。

Photo

聖学院大学は上尾市のはずれで大宮寄りだ。
宮原駅からは徒歩圏のようだ。
一度、車を校内に止めて、少しばかり中をぶらぶらしたことがある。小ざっぱりした奇麗な校舎だったような記憶がある。

で、本日、タレント性のある有名教授の姜尚中氏を大学学長に選任した(聖学院大学)とのニュースが出た。

最近は、テレビコメンテイターがどんな研究業績があるのか知らないが、タレントも客員教授の肩書きが付くと箔がつくようで、大学の広告塔のように出る風潮がある。少なくとも客員教授の要件が思うほど高くないという事だけは感じる・・・

もちろん姜尚中氏は元々学者(東大名誉教授)なので、そんな軽薄なレベルじゃあない。

でも、大学の名前よりも学長さんの名前の方が知名度があるという点で、ニュース性があるのかもしれない・・・coldsweats01

イイねというよりも、へえー!だった。
その後、イイねボタンかな。

ついでに言えば、姜尚中学長には地域交流として上尾市民会館で講演をしてもらいたいものだね。

それにしても、姜尚中氏の名前は、カン サンジュン で漢字変換できないと思い、大学の先生が嫌うコピペでやった。

しかし、ちゃんとカナ漢字変換できた。有名人は違うな。

ところで、前の学長は誰?ニュースにならない・・・coldsweats01

今夏も最後の送り迎えをしなくてはならない。或いは冬季の模試もあるのかな・・・

2013年7月 6日 (土)

石川啄木の神童時代の席次表発見だと。成績順なのだね

よくもまあ、古いものが発見されたと思う。
石川啄木が盛岡尋常中(現・盛岡一高)を受験、合格した際の席次表が見つかったとのニュース

石川啄木:“神童”時代の席次表発見 尋常中10位合格

啄木の席次は合格者128人中、10位。入学時の年齢は12歳と、通常より1年早い受験にもかかわらずの・・・・とのことだ。

受験番号順でも、あいうえお順でもなく、成績順なんだね。 10番目にある。

啄木の作品の中では、次のが好きだった。でも若頃買った全集はどこかへ行ってしまった。

ところがちゃんとネットにでていたのには驚いた。

時代閉塞の現状

(強権、純粋自然主義の最後および明日の考察)

より以前の記事一覧