旅行・地域

2017年2月 4日 (土)

道草がてらの冬の京都は寒いです・・・

新幹線の車窓から富士山を撮るには、タイムラグの無いカメラがいいですね。
Img_0112
 
Img_0122
大阪に行くとき。
手前に電線が入ったりして、なかなか良い写真は撮れません。愛用のデジカメIXYは少し古くて、シャッターボタンからのタイムラグが長いためコツが必要です。
 
●京都水族館
お勧めと言われたこともあり、久しぶりの水族館見物となりました。なかなか良かったです。屋内なので寒くもない・・・
 オオサンショウウオ
Img_0154_2
 
Img_0164_2
Img_0211
 
Img_0182
 
Img_0192
Img_0193
 
Img_0196
Img_0204
●東寺、五重塔の内部公開
心柱で有名ですが、4度も焼失した歴史があるようです。古い日本建築物では、建物の構造や誰が建てたとかがパンフレットに詳しく書かれていますが、焼失については、いつ燃えちゃったとしか書いてありません。
火災等の原因やその後の顛末、なんでそんなに繰り返されたのかまで書いてあると興味がわくのですが・・・。
内部公開の特別イベント中なので寄りました。
火の気はおろか、ひと気もありません・・・
Img_0213 Img_0223


●伏見稲荷大社
Img_0226 Img_0233
人が少ない瞬間を撮りましたが、本当は中国人観光客がいっぱい。むしろその混雑ぶりをとる方が良かったと反省します。
屋台の主まで中国人?が居たのにはビックリです。
 
外の通りを歩いていて、一人の観光客と思しき人に尋ねられました。中国語しか話せない人なので困りました・・・
 
寒いのと眠いので早めに切り上げました。
京都タワー下の風呂屋に行くのも億劫になってしまいました・・・。
 

2017年1月14日 (土)

京浜運河、冴えわたる光景

久しぶりに埼京線で天王洲アイルまで出かけた。

大宮から乗り換えなしでりんかい線に乗り入れできて便利だ。
寒波到来の影響で冷え込んでいる。
埼京線の窓からは富士山もきれいに見えた。
 Sp_20170111_121004
風も無いので陽当たりはとても暖かいから、京浜運河沿いをシーフォート辺りまで歩いた。
Sp_20170111_121553 青空に、飛行機雲がきれい。
それにしても、このような場所を埋め立てて高層ビルやマンションをよく建てるものだと感心する。帰りのモノレールからはまだ造成している所が見えた。地盤改良みたいなことをしている土地があって、技術の過信ではないのかなーって思えた。
海のある景色は好いものだけれど、内陸の方が安心して住めると思うこのごろだ・・・
 
帰りに東京駅の八重洲口によったので、城東小学校の横を通った。ここを撮るのは二回目。東京駅から徒歩3分?、ビル街に隠れてしまう小学校。
もうじき取り壊して高層ビルの中に移転するらしい。
Sp_20170111_131248  
せっかくなので有楽町ビッグカメラにある東芝ダイレクト店に寄って相談をしてきた。
 

2016年12月 4日 (日)

海外便り

ハーメルン
Photo
Photo_2
フランクフルト中央駅

2

Rマンハイム
Sr2
シュトットガルトのクリスマスマーケット
S2
不詳
Simage01

2016年7月17日 (日)

佐久インターのおぎのやが閉店・解体中でした

「峠の釜めし」おぎのやの佐久インター店が解体中にびっくり

上信越道の碓井軽井沢から9本のトンネルを抜けるとそこは佐久平。
そのまま浅間山を右手に見ながらの高速ドライブもいいけれど、やや単調なので佐久ICか小諸で降りて、浅間サンラインやのどかな田舎道を行くことにしています。
人によってはその方が単調に思うかもしれませんが・・・
 
先日、佐久インターで高速を降りたとき、目の前の光景にビックリ。ある筈の、おぎのやの巨艦店がありません。sign01
 Img_9390
『ただいま解体中』。
 
一瞬、建て替えかなとも思いましたが、店名の看板に乱雑に×印を付けていたので、撤退なのでしょう。店舗閉店という光景は、日常的に珍しくもありませんが、大きなお店が突然亡くなるとビックリします。
Img_9391
食事だけでなく土産物の買い物やトイレ休憩に最適なお店だと思っていたのですが・・・残念です。
 
混雑する季節にしか行かないので、年間通しては見かけによらず不採算だったのかもしれません。
上信越道の開業当初は賑わったものの、佐久ICがたんなる通過点となってしまったのでしょうか?
 
広い敷地ですが、更地にして返却なのか売却なのか、どうなんでしょう。
 
後は何ができるのでしょうか?
 
何もできないのでしょうか?
 
出来たとしても、その施設もせいぜい20年ほどの寿命では・・・そう思う地方経済の風景です。

2016年7月15日 (金)

苔むす小諸城跡、懐古園へ立ち寄る

ただただ懐かしい思い出の地、小諸懐古園

 
先日、長野からの帰りに、天気も良いし時間も余ったのでぶらっと寄り道しました。隣の上田城は大河ドラマ「真田丸」効果で賑わっていても、小諸城までは及ばないようです。
なぜ小諸城址公園と呼ばずに懐古園というのか知りませんでしたが、今回、知ることができました。
 三の門。Img_9449
 
自分の中では、三回は来たことが有ると思っているのですが・・・。
一番目は、小学生の頃に遠足できたことがある気がしてなりません。断片的にも思い出せないのに、なぜか来たはずだと懐かしい感じがします。
 Img_9400
二回目は大学生の頃に写真を撮りにきたこと。懐古園の風景よりも、草笛を吹く名物和尚さんを撮ったことをハッキリ覚えています。当時は知りませんでしたが、横山租道禅師という方です。
 記念碑がありました。
Img_9410  
三回目は、長女が小さい頃に帰省がてら遊園地に寄った気がします。多分アルバムでも探せば記録はあるかもしれないけど、ほとんど覚えていません。
 
苔むす石垣や朽ち果てそうな感じの風景が見られますが、それがとてもいい、と思うのは年をとった証拠です・・・coldsweats01
 Img_9401
 
Img_9446  
Img_9419 黒門橋
 
Img_9407
 
島崎藤村の「千曲川旅情のうた」でも有名です。
藤村記念館にも立ち寄りました。学生時代に「破壊」や「夜明け前」を読んだものですが、今は書店には文庫本として置いてあるのでしょうか。ほとんど読まれないでしょうね・・・
Img_9412
手前の緑が巨大で、肝心の千曲川の水量は少なくて、がっかりな眺望でした。
Img_9415
富士見台より
Img_9421 小諸市動物園
Img_9423 長野県では最古(懐古ではない)の動物園だそうです。
Img_9424
断崖絶壁みたいな所にあって狭いから動物の種類は少ないけど、小さい子供連れなら楽しめるでしょう。ライオンもいました。
近くには遊園地があります。そちらの方が昔は有名だったかもしれません。
 
本丸跡と懐古神社
Img_9444
 
Img_9443
 
よくもこんな崖地に城を築いたなと感心します。
今なら建築許可おりません・・・
 
Img_9450
 

2016年6月28日 (火)

宇都宮のギョーザは思いのほか、おいしかった

初めて宇都宮市へ行った。

 
宇都宮のホテルは朝からギョーザが出る。
奇麗なきつね色に焼けたギョーザが大皿に盛りつけてある。
 
パンとご飯は抜きにして、ギョーザを食べた。
その後、昼間、臭ったのだろうか・・・・
 
宇都宮は初めてのため出かける間際に時刻を調べていたら、東北線の各駅ではさすがに遠いが新幹線なら大宮から30分弱。その余りの近さにビックリ・・・。
まぁ、最近は高崎線も東北線も頻繁に電車ダイヤが乱れるから・・・という言い訳かな。
 
帰りに宇都宮駅でギョーザを買おうとしたが、生もので自宅で調理するタイプばかり。焼いてあるギョーザを買って、直ぐ家で食べたかった。駅内のギョーザ専門の食堂で土産用が有った。
20個入り1000円のが一パック残っていた。ニラと海老の二種類。味のほどは分からないが、形ばかりの土産として買った。
 
臭わないように、店主にビニール袋を三重にくるんでもらった。それでも鼻を近づけると分かる。食べたい人にはいいニオイでも、他人には不快いだろう。
 
家で温めて食べた。
結構、おいしかったな。
みんなに好評だった。
 
夜ついて、夕方帰路に着くために、さっぱりわからない街になってしまったが、今度行く機会があったら、大谷石の採掘現場の見学をしてみたい。

2016年3月20日 (日)

高崎線事故による混乱を抜けて尼崎競艇へ

昔の国労や動労の順法闘争を思い出したけど騒乱にはならない
 
世の中がこんなに大人しくなかった時代、JRは国鉄と呼ばれていて国労や動労のストによる列車遅延は珍しくはなかったです。でも、各種戦術の中で順法闘争は利用者のイライラの元だったと記憶しています。
 
昔、田舎の駅で動かない列車内でじっと待っていた体験が蘇りました。翌朝の新聞で上尾駅事件を知り、「上尾」という地名を知ったきっかけでした。個人的にはそんなことを思い出すような今回の高崎線の混乱ですが、今はすっかり洗練された駅舎になっています。というか、市民です・・・
Img_8999
朝の遅い時間なので上尾駅は利用者も少なく、目の前にきた電車に乗るだけしか術はありません。指定予約した新幹線には10分遅れとなり、もう少し早く家を出ればと悔やみましたが、後の自由席は三割程度の入りと空いており、難なくE席に座れました。
 
 もとは京都に寄るつもりでしたが、まだ桜には早いし、急きょ尼崎観光と思い、ホテルフロントに荷物を預け「ボートレース尼崎」へ行きました。競艇を見るのは初めて。
 最寄駅から見えた競艇場は閑散としてましたが、屋内でモニター画面見ている客が多く、天気がよくても外にはあまり出てこないようです。
Img_9054
Img_9030
 初めて聞く、モーターボートのエンジン爆音がイイですね。波しぶきを上げる並走場面やコーナーは迫力あります。
Img_9047
選手や舟の知識が無いので賭けませんが、広い施設をぶらぶらと見物しました。
 昔は賑わっていただろうことを偲ばせる、ずらーと並んだ手売りの投票所がホント寂しそうです。手つかずのまま残っています。

Img_9031

立ち食いそば屋らしき店も貼り紙の文字が読めないくらい、閉店して月日がたっているようです。壊すのもカネがかかる・・・という事情でしょうか。現在の高層化した本館の姿とは対照的な光景です。
Img_9042
 天気も良く暖かいのでプールサイドで見ていましたが、最終レースの後、横から初老の男が近づき話しかけてきました。
 Img_9027
 欠けた前歯が目につき、初めは何を言っているのかよく聞き取れません。
 が、投票券を見せるその顔は喜色満面。
 3-5-1。
 対岸の巨大スクリーンに映しだされる配当金は3連単で24,000円。
 
 『午前中からずっと負けこんでいてよー、最後は有り金全部賭けたら、26万円だー』とまくし立てます。
『最後の一レースで大逆転だね』『それってめったに無いことだよ』って勝利を称えてあげました・・・。
話さずにはおられなかったのでしょうね。
  
 近くにいた若い警備員に尋ねたら、その額は数日に一度出るかどうかとのこと。平日で3000人位、休日で4・5000人とかの客入りらしいですが、昔よりは随分と減っているらしいことは見た目で分かります。
 しかし競艇の売上は右肩上がりなのだそうです。
 競艇場に来る客は減っていても、ネットや場外で買うのが今の流行ですから当然です。金融と同じくギャンブルもネットと親和性が高いですね。帰りに駅横のセンプルビアという場外売り場に言ったら、ごった返してました・・・
 
 客の8割は中高年というか、ほとんど老人です。連れだって来るよりも、独りで来ている人が多いように見えます。帰りの黙々と、かつ力なく歩く姿はほとんどお疲れそのもの。外れ券を落として歩く人は、負けを忘れたいかのようです。
 しかし、3連単の万馬券(何というのかな?)当てた興奮のように、アレが有るから辞められないのでしょうね。
 
 競艇はスビー感はありますが、鼻差や写真判定のように僅差のレースがある競馬とは違い、ゴールの着差が数十メートルや100メートルくらい離れてしまうと、ハラハラした感じは薄いなーというのが初見物の印象でした。
 Img_9039
 
 とぼとぼ歩く人ごみの中、『彼に、たかれば良かったかなー』などと思いながら帰りました。
 
 

2016年3月 6日 (日)

雪の無い暖冬の信濃路

雪が降っていたら新幹線で日帰り、雪の心配が無ければ高速で一泊

 
案の定、暖かい日だったので、車で長野へ出かけた。
南園部から国道254号へ入ると田地帯の見通しの良い直線になる。たまたま信号待ちで先頭になってしまったことと、遅れて出発したこともあり、少しスピード出したい気もあった。
信号青でおもむろにアクセル踏んでいると、遠目ながらも前方左路肩にブルーの人影が見えた。スピード違反のレーダーを設置していた。車は60kmぐらいだったので、そのままスピードを維持して危なく通り過ぎることに成功・・・dash
 
前車がスピードを出していてそれに追随していたら、見落としたかもしれない。なにもこんな土曜日にやらなくても、と思いつつ、よほどカネが必要なのだろうか・・・coldsweats01
 
関越道はそこそこ車が多かったが上信越道は空いている。浅間山に残雪が少し見えるだけで里には雪が無い。冬にチェーン無しで(積んではいるが未使用)車で長野に行くのは、長野オリンピック以来と久しぶりだ。
群馬県から長野県堺の10本のトンネル通過がドライブとしては面白いけど、高速が無かった頃通った碓井峠もまた寄ってみたい気がする。
 Img_8968
 
サービスエリアの店には、真田の大きなポスターがめだつ。帰りに、18号で上田市外に近づくにつれて渋滞していたのは、やはり真田丸効果なのだろうか。
 
Img_8964
 
久しぶりに一泊して帰った。
甘楽パーキングによったら野菜の直売をしていた。日曜日限定らしい。シイタケを買う。下仁田ネギも有名だが、あいにくねぎはもらってきた。
 Img_8991
オイル交換するの忘れていたけど、結構走れるものだと感心。最後の長距離なので、無理のない運転をしたつもりだが、久しぶりなので片道200km程度でも少し疲れた。
 
 
 
463-3ito分かりにくい。
Img_8972
(右1093-7、左1093-1、約9+アキ)
Img_8978

2016年2月12日 (金)

赤坂の日枝神社は男坂よりも女坂よりもエスカレーター坂

高台というよりも地価の高いところにある神社らしくてエスカレーター完備です

先日、時間調整を兼ねて初めて日枝神社に御参りしました。いままで「ひえだ神社」って読んでいたので、恥かかなくて良かったです・・・・
 
小高いところにあるためか、上り口というか参道がいろいろあります。何処から昇ろうか迷いましたが、山王側のエスカレーターにはビックリ、違和感ありましたねー。
Img_8885
2000年ごろ設置と書いてあった気がします。原発事故後の節電はもはやあまり関係ないなーと思いながらも乗ってみました。
そりゃ楽です・・・
  Img_8887
平日なので空いています。寒風が吹いているけど晴れているから、屋根や柱と青空のコントラストがきれいです。
早咲きの梅が咲いていました。
Img_8889  
急峻な登り坂を男坂、緩やかな方を女坂というけれど、帰りは表参道(山王男坂)の階段を下りました(さしずめエスカレータ坂は営業坂と呼ぶのが相応しいかも)。Img_8896
日陰は寒いためか、男坂の写真撮るの忘れたなー・・・。
 
やや方向が分からなくなってしまい、ぐるっと神社の下を回り道したら近くに日比谷高校が有ったことにまた驚き。
そうか、従兄の○○ちゃんはここに通っていたのか、という子供時代の事を思い出しました。
 
ビックリすることが多い寄り道でした。

2015年12月24日 (木)

はくたかに乗り、あさま号の格下げ感と六文銭電車

ピッタリ一時間のはくたかと一瞬のろくもん電車
 
長野へ行くために、車か新幹線か迷ってしまった。
冬装備のない車では行けない。しかしこの暖冬なら軽井沢辺りで昼間から路面凍結なんてないと思ったものの、結局は新幹線。
 Img_8767_3
時刻表を調べてたら、長野新幹線と言う名前は無いね coldsweats02 残念。
良い時間に「はくたか」があったので、北陸新幹線初乗車を兼ねて乗りました。
 
でも大宮~上田まで。たった一時間。
高崎すぎたら、車内はガラガラ。
Img_8771 新しいから、内装はきれい。
でも色調が暗くて地味。華やかさが無いなっていう感想かな。汚れがめだたなそうですね。
 
行きは重苦しかったけれど、帰りは軽やかな用事となりました。
 
篠ノ井マツキのおやきと川中島せんべいを土産に帰りました。
ぐうぜん篠ノ井駅で珍しい電車に遭遇。
Img_8779
新しい寝台列車かと見まがうような雰囲気が有りました・・・・とてもいい感じで、びっくりぽんです。
 
Img_8780
しなの鉄道のろくもん(ROKUMON)ということを、ネットで知りました。
観光電車と書いてありました。
 
六文銭電車という名前のが良いと思ったけど、それでは運賃が安いイメージかな。
本当は、真田丸にすればよかったね・・・・
 
上田からあさま号に乗りましたが、長年の使用はこだま号みたいです・・・

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ