« 愛と死を見つめて | トップページ | 授業料減免11人に1人--人生の岐路で子ども達は格差と出会う »

2006年3月21日 (火)

キューバはアマチュアではない

面白かったなー。久しぶりにいい気分になれた。韓国戦の上原、キューバ戦の松坂、二人ともすごかった。持ち味が出ていた。歴史的瞬間を見れたのは嬉しい。
野球がこの世に続く限り、彼らの名前は歴史に残る。第一回の優勝はそれだけ価値がある。
さてさて、日本が優勝だから文句はないのだが、
松坂の降板は1イニング早すぎたように思った。投球数からしてもう一回は投げられたはずだ。実際は渡邊が最初のイニングを抑えたのだが、ハラハラ見ていた。
松坂の力でねじ伏せる投球の方が安心してみていられた。技よりも力のほうがキューバには効果的だと見ていた。松坂はたまにヒットは打たれるけれど、続けて打たれるような弱さがないのが凄い。

ところで、マスコミでは判で押したように「アマチュア最高のキューバ」と表現している。
社会主義国にはプロ野球はないけれど、国営企業の人間(公務員)なのだから、プロと同じだ。まさか朝から夕方まで役所に言っているとは思えない。彼らの仕事は野球だろう。成績が良ければカネもたくさんもらえるのだから、理屈は同じだ。
昔ソビエトのオリンピック選手のことをジャーナリズムはアマチュアとは言えないと結構批判していたものだ。

« 愛と死を見つめて | トップページ | 授業料減免11人に1人--人生の岐路で子ども達は格差と出会う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キューバはアマチュアではない:

« 愛と死を見つめて | トップページ | 授業料減免11人に1人--人生の岐路で子ども達は格差と出会う »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ