« 本田圭佑選手の凄さは、冷静なプレー力にある | トップページ | 東芝 dynabook RX3 はなかなか良かった »

2010年6月30日 (水)

堅守だが、順当な敗北。日本対パラグアイ戦

試合内容を見ていると、ルーズボールはほとんどパラグアイの選手が奪っていた。(サッカーワールドカップ 決勝トーナメント戦)
中盤でも日本は劣勢で、パラグアイのほうがボールの支配率が高かった。
個の選手の力量も少し上回っていたように思う。

サッカーには判定勝負はないけれど、0-0の引き分けの内容をみると、どんなに贔屓目に見ても、日本よりもパラグアイのほうが優勢だったと思う。

それだけに、よく守ったと思う。ディフェンスががんばった。ゴールキーパーの川島永嗣選手は好プレーの連続だ。田中マルクス闘莉王、中沢佑二選手たちもよかった。四試合で失点2はすごい。うち一本はPKからだから、たいしたものだ。

どちらの側にも、シュートミスはある。それでもランキングでも実力でも上位チームとよく戦ったと思う。
またもや決定力不足という声があるが、ボールが支配できていないのだから、仕方ないと思う。

とにかく日本のサッカーのレベルが、今大会の変化とともに上昇したと思いたい。

最後のPK戦は、仕方ない。誰かがミスをするまで続けるのがPK戦だ。

本田選手はまたしても冷静だった。最後となったPKでも、落ち着いて力をうまく抜いたようなキックをした。あの場面で、柔らかいキックができるのは、本田の優れた資質なんだろう。

しいて、本大会で一番印象に残ったのは、川島選手と本田選手だった。

順当通りの敗北だが、恥ずかしくない試合だった。

勝てば官軍、負ければ賊軍。 監督選手の皆様、ご苦労様。

« 本田圭佑選手の凄さは、冷静なプレー力にある | トップページ | 東芝 dynabook RX3 はなかなか良かった »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本田圭佑選手の凄さは、冷静なプレー力にある | トップページ | 東芝 dynabook RX3 はなかなか良かった »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ