« 30分の間に遭遇した二人の若者に共通するもの | トップページ | WBC準決勝の内川重盗失敗について采配ミスとか盛り上がっていたことを今頃知る »

2013年3月20日 (水)

相棒の最終回スペシャル「酒壺の蛇」はリアルで面白い

相棒11の第19話最終回2時間スペシャル「酒壺の蛇」は某国を連想させるストーリーで面白かった

タイトルも凝っていたけれど、話の筋も普通の犯罪とは違い面白かった。そもそも酒壺の蛇なんて話は知らなかった。

Photo

展開は小気味よいけれど、説明的な場面が多かったり、登場人物の相関が安易なのは前から気になっていた。この辺りは演出家の問題なのだろうか。

でも某国の秘密工作員や警察内部の駆け引き、たぶん本当にあるんだろうね。
政権(外交)への皮肉みたいに描いていた部分もあったね。リアルだ。

最近相棒を見ていなかったので、久しぶりに面白かったと思う。これでシーズン11が終わり、しばらくさみしいね。半年後にまた期待。

三代目の相棒、成宮君はなかなかイイと思うよ。

ところで、

次のニュース番組では韓国へのサイバーテロのニュース。映画の相棒XDAYの前宣伝ではないだろうけれど・・・
日本は大丈夫かいな・・・またぞろ想定外となるのかな・・・

それとアメリカ軍幹部が中国人女子学生に機密漏えいで逮捕。今日の相棒と似たような話だが、こちらは現実。


« 30分の間に遭遇した二人の若者に共通するもの | トップページ | WBC準決勝の内川重盗失敗について采配ミスとか盛り上がっていたことを今頃知る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 30分の間に遭遇した二人の若者に共通するもの | トップページ | WBC準決勝の内川重盗失敗について采配ミスとか盛り上がっていたことを今頃知る »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ