« ダルビッシュが完全試合逃すも衝撃的な二年目デビュー | トップページ | 大学の入学式に親が行くなんて、ちっとも変じゃないから、行けばイイ »

2013年4月 4日 (木)

日銀のなりふり構わない金融緩和とタイミング

毒を持って毒を制するような、黒田日銀の質的量的金融緩和政策

デフレのさなかでバブルを心配しても仕方ない。

まずは長いトンネルを出ることが優先。

金利とは経済の体温。低体温がいつまでも続いている仮死状態の病人がいる。まさに日本経済はずーとそんな感じだった。

無理やりでも体温上げないと、と言うわけか。

市場が先に好感して、庶民には円安デメリットの方が先に到来するけれど、0金利から脱出するための金利0政策。

毒を持って毒を制する。素人ながらそんな風に見えてしまう。

かつての自民党ではできなかったことだから、政権転落は意味があったという事なのだろうか。

リスクはあるけど、15年もこんな状態じゃどうしようもない。中途半端はダメ。リスク冒しての政策に期待するしかない。

企業業績も少し上向き加減だ。全く偶然だけど、近所で不動産がかなり動いている。不思議だ。

それにしても、日経のはしゃぎよう・・・


« ダルビッシュが完全試合逃すも衝撃的な二年目デビュー | トップページ | 大学の入学式に親が行くなんて、ちっとも変じゃないから、行けばイイ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダルビッシュが完全試合逃すも衝撃的な二年目デビュー | トップページ | 大学の入学式に親が行くなんて、ちっとも変じゃないから、行けばイイ »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ