« チューリッヒからアクサダイレクトへ乗り換えた | トップページ | JMAM出版「会計の基本がわかる本」は第5刷りへ増刷 »

2014年2月 1日 (土)

上尾シティマラソンの開催費用と招待大学の参加状況

上尾議会便り166号、2014年2月号より

 

Img_6179

ずっと気になっていて、検索しても見つからない情報だった。情報を持っている組織が外に向かって開示しない限り、ネット社会といえども歯が立たない、というご粗末な事例。
 

ある議員が上尾シティマラソンの過去三年間の開催費用と招待大学の参加状況を質問しており、その回答が載っていた。

 
第23回、2010年の決算額は 3519万円   20大学、370人
第24回、2011年の決算額は 3341万円   17大学、322人
第25回、2012年の決算額は 3629万円   21大学、430人
 
決算額の意味が不明だ。総費用という事か。そもそも参加費を集めているので、収支まで開示しないと良くわからない。
 
それに箱根駅伝の調整や内部選考に使われると思われる(つまり参加メリットを持つ)、あの大学生の大部隊はなんと招待だったのか?
 
上尾シティマラソン関係のホームページには大学生(学連登録者)も一律3500円となっているのに、この議会便りには招待との言葉がある。少し信じられない気がする。 430×3500円で150万円也。
 
川内優輝選手のようなトップアスリートは招待して当然だと思うけれど、大学選手は額面通りの有料でいいんじゃないの。
小学生だって500円払って走る有料の市民マラソンなのだから。
 
 大学生を有料にして参加減ったところで上尾のマイナスになることは無いだろう。
 
 学割にしたら、市長サン。
 
 市長 「団体割引にします」。
 
 
そもそもは決算報告を全開示すべきと言いたいし、それは当たり前なんだけれど、もっと大問題は競技結果の報告がマラソン走る時間よりもずーと遅いこと。
 
 

« チューリッヒからアクサダイレクトへ乗り換えた | トップページ | JMAM出版「会計の基本がわかる本」は第5刷りへ増刷 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チューリッヒからアクサダイレクトへ乗り換えた | トップページ | JMAM出版「会計の基本がわかる本」は第5刷りへ増刷 »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ