« ポーターの5つの競争要因とビジネスゲームの経営モデル | トップページ | 西貝塚環境センターへの粗大ごみの搬入 »

2014年8月30日 (土)

高校野球で延長45回までやっても0対0とは、ギネス狙いですか

三日間も試合して延長45回、それでも中京対崇徳は0点のまま
第59回全国高校軟式野球選手権大会の準決勝戦、中京高校(東海・岐阜) 対 崇徳高校(西中国・広島)の試合が、なんと三日間もやっている。
本日三日目も延長まで行き、累積の延長45回でも点が入らず 0対0のまま、明日へ。
 
一体どうしたら45回、両軍合わせて90イニングも点が入らない試合ができるのか不思議だ。
もっと不思議なのは、この試合を最初から最後まで見ていた観客はいるのだろうか?
  45
まるでギネス記録を狙っているのだろうか、とうがった見方をしてしまうけど、そんなことは無いと思う。両雄相譲らずの執念なんだろう。
 
ところが、明日31日の試合は、46回から始めて9回打ち切りとして、引き分けの場合は抽選で決勝進出チームを決める。
 
これはひどい決定だ。抽選なんていう勝負の決め方しかできない所に、関係者の決断力、リーダーシップの無さを感じる。多分前例ないという保守的思考なんだろうな・・・ 
レフリーストップみたいなものか。
 
 まさか大会規約に最後は抽選と本当に書いてあるのだろうか。知りたいものだ。
 
せめて、ランナーを二塁に置いて、勝負を決めるというタイブレーク制とかいう方法もあったように思う…
 
しかも、三浦学苑(南関東・神奈川)との決勝も9回打ち切りで、引き分けの場合は優勝預かりとなる。 と毎日新聞に出ていた。
 
大会役員(大人)達には、勝負への執念が欠けている・・・

« ポーターの5つの競争要因とビジネスゲームの経営モデル | トップページ | 西貝塚環境センターへの粗大ごみの搬入 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポーターの5つの競争要因とビジネスゲームの経営モデル | トップページ | 西貝塚環境センターへの粗大ごみの搬入 »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ