« 重要なお知らせを競い合うムダな仕事の上尾市役所 | トップページ | コロナと上尾市経済-1 »

2020年4月22日 (水)

感染者数の二倍化は12日間へ減速中

追記 24時間 新型コロナウィルスのPCR検査を受付埼玉県三芳町 ふじみの救急クリニック

4/23 日経 二人目の死亡例か。自宅待機の東松山70代男性、容態急変で入院後に死亡。

知事選で、大野元裕氏が一番に掲げた政策は、『安心して健康に長く暮らせる埼玉へ』である。その中身は「医師を増やして安心の医療ネットワークを作ります」とある。コロナは急事変だから間に合わないが、公約の一番に医療を掲げるならそれなりの知見と準備はあったはずだ。なお続く文は「在宅医療を推進する…」とある。しかし在宅で亡くなった方とその親は無念だろう。皆、そんな空約束を捨てたと思うけどこちらで見られる

関連 大野知事の政策遅れ

4/22 NHKニュース 軽症で自宅療養の人が死亡、埼玉県の待機者370名は軽症者の隔離政策の失態


二倍化になる日数を見ています

毎日、感染者数の報道が多くてうんざりすると思いますが、あの大震災の後も連日、地震の回数やマグニチュードを放送していました。それが10年も経たないうちにまた来るとは、2000年代はえらい時代です。

専門家が恐れる感染爆発とは、累積の感染者数が2~3日で二倍になる増え方のことです。私的に、下図のようにNHKのグラフ値を元にトレースしています。

Photo_20200421232501

例えば図の4/10金の6,179人の二倍は12,358人ですが、11日後の21火の11,543人(速報値)には足りません。12日以上かかることを意味ます。二倍化スピードは、四月第一週は7日間でしたが、その後は8日、9日と長くなっています。一日の感染者数が毎日増えているのではなく、ここ暫くは300~600のレンジに収まっているためです。

4/7の大都市圏の緊急事態宣言の効果が、いよいよ明日から出てくることを期待します。アベノマスクと共に…

特に、病院や介護施設などでのクラスターが減ると落ち着くと素人ながら予想しますが、何といってもPCR検査数が一日二万件くらいまで実施されて検証データが豊富に無いと、この減速傾向を素直には喜べません。

今の所、急増しないのは幸いですが、ダラダラ減っていくと、緊急事態宣言の解除で揉めそうです。政府は閉じる方向を狙いたいし、産業界からも要望されるでしょう。五月のゴールデンウイークは旅行はするなという訳で、現在の自粛中よりももっと休日になる人が増えますから、『一億総引きこもり作戦』の最後の仕上となればよいです。

今年はゴールデンではなく、何と呼べばよいのでしょうか。その内、美味い表現がマスコミを賑わすでしょう。

ステイホームウイーク。

ブラックウイーク。

コロナウイーク…(>_<)

 

 

« 重要なお知らせを競い合うムダな仕事の上尾市役所 | トップページ | コロナと上尾市経済-1 »

コロナ」カテゴリの記事

コメント

おこもりウィーク、引きこもりウィーク、巣ごもりウィークとかはどうかな?
私は、いつも通りに仕事ですけど。カレンダーなんて関係ない。今年のGWはせめて天気が
悪ければ、みんな外出しないかな?

家にいれば外にいるよりも感染の危険が少ないと安心するかもしれないが、あれ?と思いました。
家にいる時はあまりマスクをしない、食事の時はマスクをはずして家族と至近距離で会話、夫婦・
親子・兄弟で寝室が一緒、タオルなどの共用等々。家族の誰かが感染してたら、家庭内でクラスターが
発生するなと。外では気を付けていても、家では油断しているかもと

ゴールデンウイークはお店や施設が閉鎖だから、出かけられないでしょう。状況次第では公園閉鎖もあり得ます。
仕事大変ですね・・・
病院で注意していても医療従事者が感染するのですから、家庭内では無理です。感染力が強いですね。

せめて誰が感染したらお互いの役割をどうするかを話しておくくらいでしょうか。

問題なのは、首都圏の中で埼玉県はたいへん酷いことになっていること。4/10の記事で大野知事の失態を書いたけど、NHKによると
676人のうち、半数以上の370人が自宅での待機中。そして、軽症だとして自宅待機中だった埼玉県白岡市の50代の男性が死亡した

https://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20200422/1100008296.html

犬のしっぽさんへ
インフルが冬流行するのは、寒くて家にこもり、3密状態になるからだと云われています。
家だから安心とは云えない。むしろ疎な外出の方が安心かも、帰ったら手洗いしますしね。

在宅勤務が続き運動不足。
こんなに長時間自室の椅子に座るのは大学受験の頃以来。
まだ使える椅子だが、職場の椅子の方が楽(業務用だし当然か)。
昼は近所の中央病院のタリーズでコーヒー飲むことにしてたが、先週休業。
ところで、この病院(グループ)はコロナ診察しないとこです。
1回怪我で入院しました。労災です。いい病院ですが、コロナに対応できる
病院でないことはわかります。売りは整形外科ですから。
来週、病院崩壊始まりそうな予感。
大学病院クラスの病院でないと、生半可にコロナ感染者を受けたら、院内感染で全滅なんてこと
あり得るのでは。

おはようございます。
10万円支給で椅子を買い換えたら如何でしょうか。在宅ワークにも使えます。今はハイパックでリクライニング付きでも安いです。もちろん中国製ですが。
中央病院は地域医療と言いながら、HPではつれない対応で規模に見合わないですよね。得意科目はしりませんが、帝京大からの医者が多い感じです。病院はコロナ対応と非対応で分けないと危ないです。
サイレントキャリアもいますから、喫茶目的で行くのは三密よりも危険です。コロナコーヒーになりますよ。
開業医でも入口ドアを開放したままとか、院外薬局もドアオープンです。道路から見えますから、そうしている医者は感度が高いと言えます。

管理人様
心配いただき恐縮です。
カルディの味に飽き、駅2階のタリーズ利用者でしたが閉鎖されて、
仕方なく、病院店に・・でも買うだけで、すぐ外で,散歩飲みです。
確か、元市民病院でした。経営が不振で現?経営者の親?に譲渡
されたと聞きました(後でググリます)結構いい買い物ですね。
ハタ坊政権なら、悪徳業者に売却しそうだ。
10年前、終電急ぎ、駅で転んで上腕が折れ、1か月入院。
リハビリ3週間。ご指摘のとおり、帝京大学とつながりが深い。
整形外科の主治医は東北出身の純朴な人でした。ハタ坊と同県だったような。
院長?理事長?が人工関節の名医らしい。
事故で骨折した場合はお勧めです。
椅子どうしようかな。コロナがいつまで続くか、思案中です。
社宅や寮の社員はかわいそうだ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重要なお知らせを競い合うムダな仕事の上尾市役所 | トップページ | コロナと上尾市経済-1 »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ