« 緊急事態宣言は効果なかった? | トップページ | 埼玉県市町村別コロナ感染者数と一万人当たり »

2020年7月31日 (金)

為すすべが無いコメンテーター畠山市長

コロナはただのカゼ コロナは人災

関連 日本のコロナは官製災害へ変異して大津波へ

追記8/1夜
本記事は7/31付けだが、8/1付けで市長コメントが出た・・・7月末では42人となり、わずか一月で28人も急増し・・・」と、当欄と同じことを書く。しかし、(県庁の感染者とりまとめが遅いため)7/30-31分が追加されて実は32人に更新(累積は46人)なのだ。
なお、畠山さんも西村大臣と同じことを言っていた。「危機感を抱いている」と。安倍政権は統率力を失って傍観者みたいに「感染するに任せる」政策に陥っているから、上尾市では8月に50人レベル、市中感染を覚悟すべきかもしれない。市長は市内飲食店へのコロナ対策点検隊を作るべきだ。



 
上尾市民は7月一か月で28人が感染した(累積42人)。

毎日一人のようなものだから、都内やさいたま市由来と言える。市内感染は局所的な家庭内のみでとどまった。

さて。埼玉県庁サイトに行けばコロナ問題について「知事メッセージ」(こちら)というタイトルで語っているが、上尾の秘書室は相変わらず畠山さんをコントコメンテーター扱いしているから、「市長コメント」と呼ばせる。

取り巻きは親分を超せないという、彼らなりの配慮なのだろう。

最新の畠山市長コメントは7/17のビデオだ。

なんとジェスチャー豊かに話しているではないか!

Photo_20200731225401

 よく見たら

 手話通訳さん ( ゚Д゚)

 隣の市長は棒立ちで、カンペに視線を落とす。

 話すのが苦手な人にこんなことをさせるのは×ゲームに近い。で、これは「14名の方の感染が確認されています」の時のもの。

 目新しい話しは少なく、キモは広報あげおの特別号の宣伝だった。

それなら、「こちらにあるのが、特別号です」と現物を目の前に広げてPRすれば良いのに、口頭だけだよ。まぁ、無芸も芸のうち

と思ったが、違った。

手話さんよりも目立ってはいけないという 配慮だろう (>_<)

---- 

市長として、本当に語るべきは・・・

 

市民の皆様へ。今は軽い風邪のような症状であっても、かかりつけ医にぜひ相談して下さい。医師の診察次第ではPCR検査を市内で即、受けることができます。

実際、概要2(感染確認67例目)を見れば分かる。

発熱した当日に川越市内で受診し検査、翌日判明という最短ルートである。

これを、上尾市でできるか否かだ。

ワクチン無き今は、感染者の早期発見こそが薬である。

 

« 緊急事態宣言は効果なかった? | トップページ | 埼玉県市町村別コロナ感染者数と一万人当たり »

上尾市の私役所物語」カテゴリの記事

コロナ」カテゴリの記事

コメント

市長選挙の市民討論会では、初日は挨拶して、「逃亡」、2日目は欠席。
筋道たてて話ができないのです。それでも当選できる組織票はすごい。
「よそ者同盟」の公約破り知事とサンコンとの会食を優先させた奴です。
からくり人形の首は交換時期です。中身はすっからかんだもん。
まやかしの挨拶しかできない能無し(は言い過ぎか?)の坊へのお願い。
やめるときは、公約達成率を発表するか、元市長・元議長との密会の事実を
説明してからにしてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 緊急事態宣言は効果なかった? | トップページ | 埼玉県市町村別コロナ感染者数と一万人当たり »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ