« 横並びの人件費カットごっこは、給付金や補助金バラマキ競争より緩やか | トップページ | 人口減少の悪いニュースと良いニュース »

2020年10月30日 (金)

上尾市の少子化とコロナの今

上尾市の人口は微増なのだが、出生数は減少中。コロナで加速か… 

前記事 少子化の真因 関連 上尾の人口問題の目次 

1.ウォーターフォール図で見る上尾市の出生数の長期推移


Photo_20201029234401

1982年からの上尾産・赤ちゃんの対前年比の増加または減少人数である。データは統計あげおの10頁にある。

右端が2019年であり、82年から700人近く減ったことが分かる。近年の子育て政策の成果はないと見た。年100人以上減った年は過去に7回ある。コロナ禍がもたらす負の大きさは例が無いから、ここ一・二年の減少幅の予測はつかない。

2.赤ちゃんが生まれるための3つの数字

上尾市 2020_9月まで累計 増減数
出生数 1,132 -9
婚姻届数 539 -104
妊娠届数 1,075 -40
上のグラフから年間出生数は2019年は7人増えて6年ぶりの増加になったが、今年は9月までは9人減である。下の月ごとのグラフは前年同月との差である。
2_20201030220001
4月までの増加分を5月以降で帳消しになった。過去最少は18年の1506人であり、1500人割れが心配だ。ちなみに、今は一日、4人産まれ、5.7人亡くなっている。

妊娠届数は4月からずっとマイナスのため年間で約60人の減少と予想する。これは来年の出生数の先行指標になる。

Photo_20201030220801

婚姻届けは他市民を含むために上尾市民とは限らないが、前年比較は意味がある。(表の)104人と大幅に減っているのは、令和元年5月婚が137組もあった反動による。次のピークである11月も減りそうなので年間でマイナスは間違いない。婚姻届け数は、妊娠届よりはアバウトになるが出生数の先行指標になるだろう。

つづく 2021年の出生数は80万人割れ?

« 横並びの人件費カットごっこは、給付金や補助金バラマキ競争より緩やか | トップページ | 人口減少の悪いニュースと良いニュース »

上尾市の人口物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横並びの人件費カットごっこは、給付金や補助金バラマキ競争より緩やか | トップページ | 人口減少の悪いニュースと良いニュース »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ