« 上平地区複合施設の予算は拒否され、施設課は二連敗 | トップページ | 上尾市コロナ統計-5 県内で3位と多く、80歳代が最多 »

2021年3月14日 (日)

上尾のそっちこそどうなんだ予算

上平の新複合施設 : 市長選への取引三度目不要不急委員会では否決(前記事)

施設課の逆襲には反問権を・・・

ここ数回、上平地区複合施設の2500万円の予算案への批判を書いてきました。

既に予算特別委員会でその予算が否認されたので、議会最終日の本会議決議でも同じでしょう。でも廃止ではなく、先送りなので執着する人々はいます。

このように当初予算が通らない事態は畠山市長になって二度目です。過去にこれほど議会とそりの合わない市長がいたのか知りませんが、議会と癒着したのが先代市長だったから、対立劇は緊張感がある証拠です。

 畠山市長、あなたは立派です。

 中身は あなたの二敗です。

足を引っ張っている人がいるのに気が付かないなんて、人がよすぎです。それが畠山さんの持ち味でしたが、今では致命傷に見えています。

で、上平案件が否定された理由は、(録画を見ていませんが)緊縮予算をアチコチに迫りながら、不要不急なハコモノを曖昧なままやるのはヘンだ、という正論でしょう。

つまりコロナ禍の財政不安が理由ならば、議員達からコケにされた行政経営部や施設課にも言いたいことがあるはずです。

『市議会だって、不要不急のタブレット導入するじゃん』と。

議会側はタブレットや通信整備に2500万円を予算要求しています。詳しくは「危機感の安売りから選挙目当て」の中ほどに。

これもムダ使いです。自前のノートPCを持参してLANに繋げば済むことです(BYODです)。持っていない議員は近くの本町店で買えばよいのです。そもそも市職員からすれば、一般質問の原稿ネタすら作れない(社会・就業経験が希薄な)人に「なんで?」という感じでしょう…。

最近の例だと、ウィグル自治区とか香港の人権問題でアメリカが批判をすると、中国から「そっちこそ黒人差別してるじゃん」と言い返します。

流行りの、そっちこそどうなんだ論法です。

皮肉にも上平と議会は共に約2500万円なので、二つで五千万円が浮くことになります。

市民の目算としては、共倒れを

イヤ、喧嘩両成敗を望みます。

でも、執行部から質問や議論を吹っ掛けることが出来ないのが今の市議会です。議会改革にはIT化よりも執行部に反問権を与えることが優先なのです。

 

 

« 上平地区複合施設の予算は拒否され、施設課は二連敗 | トップページ | 上尾市コロナ統計-5 県内で3位と多く、80歳代が最多 »

上尾市の市議会」カテゴリの記事

コメント

市議に意見できないの制度は問題です。
多かれ少なかれ、市議のコネでっ就職した「古傷」のある役職員に
悪徳業者とグルの市議に意見する勇気はないと思います。
残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上平地区複合施設の予算は拒否され、施設課は二連敗 | トップページ | 上尾市コロナ統計-5 県内で3位と多く、80歳代が最多 »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ