« うつむく市民が相手のデジタルサイネージ | トップページ | 上尾市長選の新しい候補者とは »

2021年9月28日 (火)

上尾市コロナ統計-5波まとめとワクチン鈍化の兆し

陽性者数は三千人となり人口77人に一人が感染。

追記 もうじき最終配送らしい。今あるうちに打たないとね!(板橋区役所)


国は、ワクチンの配送について、ファイザー社製は10月上旬、モデルナ社製は11月上旬を最終配送とする方針を示しています(アストラゼネカ社製は令和4年1月末頃まで順次配送予定となっています)。
3回目接種の実施について9月22日に国から発表がありましたが、3回目接種用のワクチンは、医療従事者向けが11月後半頃に配送を開始し、(医療従事者以外の)一般区民向けが令和4年2月頃から本格的に配送が始まる見込みです。

●第五波は凄い急増だった、減り方はもっと凄いというコロナの不思議。

 グラフは新規陽性者数の人数です。昨日で、累計の感染者数はちょうど三千人となりました。
 仮定ですが、
棒グラフの姿からピークを8/20日とし、五波のスタートはキリをよくして一月前の7/21とみなします。すると上昇過程で979人なので、その後の減少期間でも千人近くを覚悟した方が良い、と以前に予測しました。

Photo_20210928094101

 外れました。

 日々報道されるように東京都は連日半減ペースで減っており、上尾も似たようなものです。減り方は予想以上に早く、8/21から9/20は770人となり上昇の8割で済みました。感染0の日もあります。

 この二割の減少効果が何なのかは分かりません。東京都は第四波の最低値よりも少ないレベルになっていますが、専門家も裏付けのある原因説明はできないようです。

 日本のワクチン接種率は8月末で、1回目52%と2回目42%に過ぎません。携帯の位置情報による人流統計ではむしろ休日は増えたとか言われましたが、そもそもスポット的な観測に過ぎません。飲食休業効果は見た目は大きいです。上尾駅の20時以降はマイナス人流が続きますが、同時に見えるのは閉店風景です。学校も始まっていますが感染は増えていません。不思議です。

 ようやく緊急事態宣言が解除され、既に、政局と総選挙や小室さんへ話題がシフトしています。でも在宅で数百名も死んだのですから、喉元過ぎれば熱さわすれる、なんてあり得ません。

●上尾市の月別のグラフ

Photo_20210928095301

 8月の一か月のみが突出です。インフルエンザは夏に流行らないのでコロナは異常です。7月21日から9月20日までを第五波とすれば1749人となり、累計三千人の58%がこの二カ月間に集中し、大きな混乱となりました。県営の酸素ステーションができたり、接種の前倒し策とか自宅療養者に食品などを届けるサービスも急遽始まりました。

 累計三千人とは市民77人に一人までの浸透です。データとしては身近に迫ってきてますが、濃厚接触者へさえも感染元を教えられませんし、無症状な人もいますから、症状が出るまで分からない病です。9/15時点で自宅療養者は108人います。5波の半分を家庭内感染とすると800人、たぶん300世帯位は大変な目にあったと想像されます。

●ワクチン接種率の現状

毎月曜に発表するワクチンメーターからみえること。そこには書いて有りませんが、中央病院のモデルナ分も加算されていると思います。

最新の9/27では一回目接種率は69.2%、二回目は55.8%です。一回目接種は一週間で4ポイント増のペースですから、一回目は9月末に70%を達成するでしょう。これは対象者12歳以上の人口比です。非接種層の子供21000人を接種済み者がガードし、彼らをキャリアにしない社会政策なのだと思います。

 

●ワクチン接種率の年代別の推移

Photo_20210927223701

二回目接種率は数週間後に一回目の値に追いつくため、接種状況としては世代別の一回目の推移を見ます。接種率の高さは予約受付解禁となった年代順になりますが、中高生のうち12~15歳は保護者同伴のためクリニックへ出向く都合がつきにくい割には高い接種率です。

三十代は二十代の一週間前に予約解禁ですが接種が一番少ないです。二十代は9月からスタートし立ち上がりは18%と低かったのに二倍以上に増えています。この二つの世代人口は類似(26000人)なので、三十代のペースの鈍さがやや気になります。職域接種しているとその反映は遅れます。

 ワクチン入荷累計に対する消費率は94%なので玉不足には見えません。それを裏付けるように、先週の14000回打ちは、その前週より5千回も少ないのが気になります。追加入荷したらしく、直近の予約表はガラガラ。予約殺到による瞬間蒸発はもうありません。

Photo_20210928112901

●ワクチンの未接種者64000人の年代構成

Photo_20210927231001

対象人口-1回目の接種人数で求めています。なお対象人口は9/21の公開値を使っていますが最新値とほぼ同数です。全体では6万4千人、30代までが半分を占めます。今の第5波の急激な収束は接種ペースを落とす理由になるとしたら問題です。

その一方、ワクチン効果の賞味期限切れによるブレークスルー感染が顕在化してきました。

早く打った人ほど抗体値が下がるために、三回目の接種が必要とされます。八月や九月に接種した人はなかなか回ってこなかった順番をイライラしたり恐怖感で待っていたと思いますが、今後の秋冬第6波にはかえって優位です。

当方みたいに早く打ち過ぎた人は、

かつての余裕が

今は不安に置き換わりましたとさ…(>_<)

ワクチンのおかわり?

 

関連 シンガポール、ワクチン8割も感染拡大で

 

 

 

 

 

 

« うつむく市民が相手のデジタルサイネージ | トップページ | 上尾市長選の新しい候補者とは »

上尾市」カテゴリの記事

コロナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うつむく市民が相手のデジタルサイネージ | トップページ | 上尾市長選の新しい候補者とは »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ