« 上尾市の一人当たり予算規模は全国最下位 | トップページ | 第6波の年代別死亡者数、70代以上が91% »

2022年2月17日 (木)

上尾市の2022年度予算_市民税が過去14年で最高額へ

前記事 上尾市の予算

●コロナ前に戻れたのか? 市民税317億円の内訳 

  百万円 構成比
市民税(個人) 13,625 43%
市民税(法人) 1,874 6%
固定資産税 12,305 39%
その他 3,945 12%
市税 31,749 100%

近年、上尾市の市民税は299~315億円のレンジにいたが、 今年は317億円となり、前年比で+22億円、7.5%も増える。これは、-0.2%、-6.5%と二年間マイナスだったのでホッとする数字だ。なんと過去14年間でわずかとはいえ最高額になったのだが、前年が▲19億円の大幅減だったので、コロナ前に戻っただけかもしれない・・・。

●市民税が22億円も増えたのはアノ会社のおかげ?

前年との差異が下の表だ。

主な増加項目 前年比(百万円) 増加率
市民税(個人) 886 7.0%
市民税(法人) 667 55.3%
固定資産税 586 5.0%
その他 70 1.8%
 市 税  2,209 7.5%
地方交付税 896 34.1%
県支出金 231 4.5%
地方消費税交付金 128 2.9%

個人市民税が堅調なのは何よりだが、理由までは明らかにされない。一つには「人口増加」にもつながったマンション効果もあるだろう。そして市民の年齢変化もありそうだ。二年前比では50代が3000人増え、40代が2300人減っている。人口最多層である団塊ジュニアが50代へ入ると、一般に給与は50代半ばがピークなのでその効果もありそうだ。ただし、いずれは労働人口の減少と共に市民税は減る一方になる。

法人市民税は市税の6%と少ないのであまり当てにならないのだが、今年は55%も増えそうだ。こちらも前年が大きく落ち込んだ反動があり、コロナ前の水準に戻っただけかもしれない。そもそも市内企業の業績がそれほど良くなったとは思えない。

個人税と並び、景気の影響を受けない安定財源である固定資産税は6億円近く増えた。内訳で見ると土地は微増、建物は6%増だが、償却資産からが2割近く増えたのが目立つ。おそらく、イオンモール上尾やアマゾン上尾の竣工が寄与したと思う。

 

前記事で書いたように、上尾市は予算規模が人口比では少額なので、そのためもあってか本予算の歳入全体に占める市民税の割合は46%となる。これは県内他市と比べても比較的高い方である。歳入が交付税に依存するようになるとヤバい。


Photo_20220217003402

図は2019年度の埼玉県・市町村財政のすがたより。20年度は参考にならない(コロナ決算事情)。

 

Photo_20220217002401

つづく

 

« 上尾市の一人当たり予算規模は全国最下位 | トップページ | 第6波の年代別死亡者数、70代以上が91% »

上尾市の財政物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上尾市の一人当たり予算規模は全国最下位 | トップページ | 第6波の年代別死亡者数、70代以上が91% »

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ