« 大宮夏まつりを彩るサンバの踊り子。 | トップページ | 風鈴回廊&花手水 at 青葉園 »

2023年8月 7日 (月)

俺の街がこんなに人気あるわけがない

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

 先日、去年は人口が80万人減ったというニュースがでたが、ほぼスルーされた。その朝日のWeb見出しは総人口と勘違いしやすく、読売の方が適切だった。これは「日本人のみ」の数であり、外国人を含む総人口は51万人減だった。喩えとして福井県(78万)一つ分と報じたかは知らないが、この先も減るのだから、どうせなら、そっちを伝えれば良いと思った。

 そこで社人研推計(国勢調査ベース)を見たら、その標準シナリオよりも多く減っていた。むしろ出生低位という悲観シナリオに近い。で、その先はというと、日本人は毎年、減少数が1・5~2万人増えて6年後に年▲90万人、そのまた6年後の2035年には▲百万人の大台に乗る。
 ところが、出生中位(標準シナリオ)では、▲百万人は2061年、つまり25年も先送りできる。その差は大きいから、せめて悲観から標準へ上向かせるのは政治の責務だろう。

 このように人口問題は想定以上に進むことが多い。出生率の低下もそうだが、身近だと、埼玉県の単身世帯が107万(国勢調査)となり、過去の推計より10年も早まっていた。

 参考 社人研推計と人口オーナス

1.毎月の上尾市人口推移 

 グラフは日本人と外国人別の前年同月人口との差である。1日付けの数なので、実質、前月末人口となるからX軸を1カ月ずらしてある。さて、一年前から外国人は約2倍も増えているが、日本人は減少傾向にある。「出生-死亡」はマイナスに決まっているから、日本人の転入が減っているのだろう。

Photo_20230803221901
2. 上尾市の年少人口の転入超過が全国20位・県内2位! 
 上グラフから近年の転入の多さは分かるが、ナント、総理府の2022年の住民基本台帳人口移動報告によると年少(0‐14歳)の転入超過は上尾市が277人全国20位だ。↓ 有名な流山市、明石市が並ぶ末席にいるではないか。目をこすっちゃう ( ゚Д゚)
Photo_20230730175301
それなのに、ああそれなのに・・・(^-^?)
上尾ヨイショが得意の広報広聴課が自慢したり、子供に赤飯を配った、とかの話しは聞かない。なぜだろう?
最近だって水道管から勝手にお湯が出るサービスを始めたのに無言のままだ。たぶん、『俺の上尾がこんなに人気あるわけがない』という気持ちかも知れないが、元々、彼らの視野は向こう三軒両隣と狭いのだ
 なお、21年の同人数は299人と多いが20位圏外、代わりに65歳以上が全国18位だった。ともあれ、子供争奪戦の勝者になっていたが、広報が気にしない話はこれくらいでスルーし、もっと大事なディテールへ進む

3.全国の市区町村別移動人口見える化ツール

市区町村の移動(転入・転出)状況を調べるExcelツールがある。外注ソフトではなく、埼玉県庁の統計課職員が作って全国に公開した優れモノ。マクロを使っていないから誰でも使えるが、非力なPCには重いかも。

以前に前回版を取り上げたが、今回は2020年の国勢調査結果を受けた5年間分析となる。

転入-転出が純移動(転入超過)である。上尾市は、前5年が1916人増、今回も同水準の1897人と好調だ。中身を10歳等級別(ソースは5歳等級)でみると、30代と子供が目立ち子連れファミリーの転入が主となり、新陳代謝のためには前よりも良い。なお、国外からの転入は含まない。

Photo_20230728110101

 で、この先はと言うと・・・
 ファミリー層の転入はマイホーム取得とリンクするから、通勤事情や民間の住宅供給量や金利次第となる。都内の新築マンションは実需を離れて手が出ない領域、80年代バブルを超えている。それが中古市場にも及び、上尾でも築40年を超すのに四割も値上がりした駅裏物件があるなど、理解を超える。
 
今の若い借り手は頭金がロクに無いのに借りられるだけ借りるのは、短期の変動型ローンのためだ。先日、日銀の修正で長期金利は少し上がったが短期の政策は変えていない。しかし、マイナス金利解除した時の彼らの耐性が心配だが、意外と野放図なのではと思う。それは私的な世代間ギャップかもしれない…。

 既に1のグラフは転入頭打ちを思わせるが、供給さえあればまだ行けるかも知れないと思う。結局、コロナ明けたらテレワーク解禁という日本であり、新常態はもう死語である。

  以下は、ツールからの抽出結果。

●上尾市への純移動(転入-転出)の多い 上位10

 1  さいたま市北区 512
 2  さいたま市大宮区 188
 3  さいたま市中央区 158
 4  戸田市 133
 5  川口市 128
 6  板橋区 117
 7  熊谷市 105
 8  さいたま市桜区 103
 9  所沢市 58
10  さいたま市浦和区 53

●転入、転出の上位20

  転入者数 転出者数
1 北区 1,484 桶川市 1,415
2 桶川市 1,127 北区 972
3 見沼区 813 見沼区 831
4 川口市 648 伊奈町 787
5 大宮区 615 鴻巣市 552
6 西区 506 北本市 522
7 鴻巣市 486 川口市 520
8 北本市 474 西区 481
9 伊奈町 472 大宮区 427
10 中央区 416 浦和区 360
11 浦和区 413 蓮田市 355
12 熊谷市 394 南区 340
13 南区 382 川越市 329
14 川越市 361 熊谷市 289
15 戸田市 302 久喜市 261
16 蓮田市 282 中央区 258
17 板橋区 270 東京 北区 245
18 久喜市 269 緑区 238
19 桜区 259 越谷市 209
20 東京 北区 233 岩槻区 194

●ファミリー層の移動実態をみる

平均初婚年齢が30歳位なので、30歳から44歳までの男女に限定した。純移動でみると勘違いするから、総移動人口(転入+転出)の多い順にみた。

  地域名 総移動人口 転入者数 転出者数 純移動
1 北区 876 570 306 264
2 桶川市 857 351 506 -155
3 見沼区 576 289 287 2
4 川口市 461 279 182 97
5 伊奈町 447 171 276 -105
6 大宮区 438 257 181 76
7 鴻巣市 429 188 241 -53
8 浦和区 362 184 178 6
9 西区 357 177 180 -3
10 北本市 350 163 187 -24
11 南区 300 155 145 10
12 中央区 293 182 111 71
13 川越市 291 151 140 11
14 熊谷市 277 163 114 49
15 東京・北区 208 100 108 -8
16 蓮田市 204 98 106 -8
17 久喜市 195 87 108 -21
18 戸田市 176 125 51 74
19 越谷市 170 83 87 -4
20 板橋区 169 106 63 43

地価の高い南から来て、地価の安い北へ出ていく姿は水の流れみたいなもので、行政がコントロールできる領域ではない。強いて、上尾の北に関所を作って逃がさないこと位か(>_<)。

子育て政策の有無はこのExcel表に入ってないが、あったとしても相関は無いだろう。むしろ、市は、県内の南部エリアと沿線別にファミリー層の出入り量とマンション価格や平均地価をブロットし、なぜ、南のXX市を飛び越してわが上尾に来たのかを分析した方が良いだろう。

●全国の比較

30~44歳のファミリー層でみると上尾は63位だ。1流山市、3柏市、5つくば市が上位にきていた(千葉県が多い)。つくばエキスプレス開通効果と言われ、新線の宅地は(伝統的な在来線よりも)割安になるのが強み。

しかし、短期間に子供人口が特定エリアに急増することは果たして良いことか。周りから吸収しただけで、得た方も失った方も人口バランスを欠くように見える、というのは嫉妬かな。

参考 上尾市の全国順位

  順位 純移動 転入数 転出数
年少人口 51 624 2,930 2,306
30-44歳人口 63 1,063 8,349 7,286

 

« 大宮夏まつりを彩るサンバの踊り子。 | トップページ | 風鈴回廊&花手水 at 青葉園 »

上尾市の人口物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大宮夏まつりを彩るサンバの踊り子。 | トップページ | 風鈴回廊&花手水 at 青葉園 »

無料ブログはココログ

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。