« 埼玉県_肩車時代へ向かう市町村と能登被災地 | トップページ | 一足先に、国立印刷局で新紙幣Fを拝んだ寂しさ »

2024年1月18日 (木)

年を挟んで上尾駅かいわいの絵。駅ピアノ

上尾百景

12月になるとどの自治体でもイルミネーションの飾りをするようになったためかマンネリした感がある。あまり注目されないが、お気に入りの場所を撮った。

Pxl_2023122
東部ホテル入口のツリー 昔々、毎年のようにモミの木を買ってきて大人の背丈位までのツリーを作っていた。木は来年まで持たせて使おうとしても室内の植木鉢では枯れてしまう。もし庭に植えたらどうなったのだろうか?
 金色のオーナメントボールに映る光景をねらって接写した。
もっと大きく撮れた写真もあるが、スマホの接写なので、自分の姿とスマホが写り込んでしまい、ほとんどボツ。やはり望遠機能が欲しい。ボールの表面は毎年使っているためか傷がかなり目立っていた。
 本当はタワマンが映る位置を探したが無かった、来年は手を加えてみるか。係が飾った以外のオーナメントが追加されていたりして・・・(^-^?)

Pxl_20231125_085748389night
東口の住友タワマンの方が、高いために上尾のランドマークになっている。価格情報を見る限り、確かに駅近タワマンは値下がりしにくい。でも、マンションの作りとしてはこっちの方が築21年でも上に見えるんですよね。
なお上尾市のマンションについての市調査がある。
R4/1で、150棟、7279戸、平均49戸
築四十年以上が 38.9%もある。
●ことしの初雪
Pxl_20240113_080744008night
上尾・駅ピアノ
Pxl_20231238781
NHKのBSで駅ピアノ・空港ピアノ(特にヨーロッパ)の番組があり、ハラミちゃんもでていた。上尾駅にもとうとうできたんだと感心した。
高崎線沿線で駅ピアノが有るのは、熊谷駅だが、他は何処だろう?
11月頃から始めたのは上尾市観光協会による、あげおストリートピアノ
 
弾いている人はほとんどが男、女性が引く姿は珍しい。残念なのは立ち止まって聞いている人も少ない・・・
先日みたら、足元がかなり汚れていた。
実は先駆してやっていた所では、取りやめた事例もそこそこある。時間制限を守らないとか、発信目的など、演奏側のマナー違反らしい。
観光協会のこの企画は、街が垢抜けした感じでいいと思った。でも、周りに馴染んだ感じはあまりしない。上尾の場合は良い場所に設置しているが、熊谷駅の場合は、人目に付きにくい隅っこだった。案外、日本人(女性)には隅っこの方が引きやすいかも。
 
しかし、BSで見る海外の音楽文化とは違うらしいことが、こちらに書いてある。

マナー違反続出で「駅のピアノ」が撤去。海外とは明らかに違う、日本のストリートピアノの“つまらなさ”

市の直営ではないためか市サイトがムシを決め込んでいるのも、上で指摘する背景となる音楽文化の薄さなのだろうか? いきなり場を提供したからと言って、そこが交流やコミュニケーションの場になるとは限らないという事だろう。まあ気長に、聴きましょう。場所を替えるのもいいかもしれない。
丸山公園の白サギ
そもそもPixel 6aには望遠レンズは無いが、かなり離れていたので、PCで見たらここまで撮れていたのは感動した。
Pxl_202312797-1

« 埼玉県_肩車時代へ向かう市町村と能登被災地 | トップページ | 一足先に、国立印刷局で新紙幣Fを拝んだ寂しさ »

上尾の百景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 埼玉県_肩車時代へ向かう市町村と能登被災地 | トップページ | 一足先に、国立印刷局で新紙幣Fを拝んだ寂しさ »

無料ブログはココログ

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。