« 後楽園の紅梅とメジロそして浜離宮へ | トップページ | 1. 鴻巣びっくりひな祭り »

2024年2月24日 (土)

上尾・遍照院 雨と晴れの日の梅。いよいよ桜も

あの季節外れの温かさが嘘みたいに冷え込んでしまった。だから十日ほど前、小石川や浜離宮に行ってよかった

先送りせず行ける時に行くのが良いのだと改めて思った。

冷たい雨の日、夕方にわずかな晴れ間から細い日差しががあった。どんよりした景色の中で、遍照院の山門の両脇に咲く梅が遠目にも映えた。

しっとりと濡れた花弁はみずみずしく、寒々としたたたずまいだった。

以下クリック拡大。

いま咲きほころうとする矢先の冷たい雨は、残酷な感じ。花弁が揺れ、傘も持っていたので撮りにくかったが、Pixel 6aの接写能力を試すには良かった。もっと水滴の球面に映る光景まで描写できるとよいが、解像度や接写の限界かもしれない…

Pxl_20240222_044445137

Pxl_20240222_044542886edit
晴れの日の淡いピンクに染まる梅
梅の写真は、木全体よりも一輪のアップが良い。たくさんの中から活き活きした一輪を探すのは楽しい。

とうぜん、柔らかい日差しも必要。先日、小石川後楽園では強烈な真紅の花びらが青空に映えていたが、遍照院の梅はたつた数本でも、ピンクがキレイ。たくさんの中から選び抜かれ、しおれてもいない、咲いたばかりの一輪である。

一眼レフカメラと違ってF値を替えてボケを出すことはできないが、自然な姿で撮れた。クリック拡大。

Pxl_20240224_011815106portrait
寺務所の近くに白梅も咲いている。こちらもまだまだ咲きそう。

Pxl_20240224_013407065portrait

Pxl_20240224_013258261
●いよいよ桜へバトンタッチし、色のない季節の終わり。

Pxl_20240224_012738520
たまたま、墓参りをしていた一団の家族を見かけた。
幼い子はおらず、中心に20~30代とおぼしき男性がいたので、誰の墓参りなのか気になった。
昔の自分を思い出したためだろう。
親孝行、したい時に親は無し。
そう言えば、主を失ったような隣家の庭の梅がようやく咲き出した。雨でもったいない気がするが、長持ちしそうだ・・・
実家の庭に梅の大木があった、子供の時 昇ったり、縄を張ってブランコを作ったものだが、建替えた時に切ったようだ。毎年消毒が大変だから。母が梅漬けを作っていたが、子供が食べたくなるモノでは無いが、どの家もみんなそうしていた。梅の実をとる、というよりも落とす手伝いを想い出した。あんなにたくさん作って、一体だれが食べたんだろうと不思議だ。親戚や近所に配っていたかも

« 後楽園の紅梅とメジロそして浜離宮へ | トップページ | 1. 鴻巣びっくりひな祭り »

上尾の百景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 後楽園の紅梅とメジロそして浜離宮へ | トップページ | 1. 鴻巣びっくりひな祭り »

無料ブログはココログ

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。