カテゴリー「地震・災害」の77件の記事

2024年1月28日 (日)

今朝の地震の震度分布と鉄道沿線

それと首都圏の地形・地盤分類

2024年/1/28 08時59分頃
震央地名 東京湾
深さ 80km
マグニチュード M4.8

気象庁による震度分布だが、体感は建物の構造と高さ何階にいたかで変わる。クリック拡大

20240128-215526

もしも~♪ 家を~ 建てるな~ラ~ ♫

震度は震源からの距離だけでなく地盤の性質によるところが大きい。

20240128-223522

不思議だな、頑丈な所ほど人口減少し、脆弱な所ほど密集する。

日本人はバカなのか?

防災科学技術研究所より。地形・地盤分類250mメッシュマップ(2020年更新版)

 

関連 ・・・長周期パルスと江戸時代の教訓

 

2023年10月24日 (火)

寄稿 荒川の護岸工事完了と使い道はアレ

Photo_20231023211701

平方の荒川の護岸工事が終わりました。
これが最終形のようです。
土手の高さ1.5m
崩落した現場だけ基礎工事をやっています。
隣も軟弱地盤だが放置している。
土地の買収は進まず、本堤防造成の見込みはない。
しかし、近年大雨でも荒川の増水は減り河川敷に上がらなくなった。
上流で治水工事をやったのか?
 
釣り場にはなりそうだ。

-----------------
投稿に深謝。工事の行方が気になりますね。買収遅滞とは!、人の考えはいろいろですね
 
完成した護岸階段は、たぶん
 
釣場ではなく、上尾花火大会の有料席でしょうね。

釣場ならイイけど、安心安全ポリシングで、すぐ禁止するんですよね今の密告社会は
 
上尾花火大会では有料席になるかも 
 
ただ線引くだけで、
  
一席 3000円也


高さ10m級の堤防が平方・上尾市を守る

荒川洪水に備える第二・第三調整池と上尾

 

 

2023年9月 1日 (金)

巨大地震と複合災害、長周期パルスと江戸時代の教訓

今日のテレビや新聞は恒例の震災記念日報道だった。一見、新しいことを伝えている様でいて、実は既視感満載である。それにしても、来る来ると言われ続けて来ないのを有難がるべきか、歪の累積を憂うべきか、迷う

230年間に8回、M7クラスの大地震が起きている

首都圏では平均28年に一回となり、それを予測式で「今後30年内に70%」の発生確率としている。NHKサイトが良くまとめている。

 日本列島「地震への備え」特選コンテンツ

その、『今後30年』という表現、何年経っても「今後30年」のままなのか(^-^?)。

備蓄品の更新を

最近、賞味期限切れの水を冷やして飲んでいる。水道水よりイイ。トマトジュースやアイスコーヒーも備蓄した。悲惨な時ほど快適に過ごしたいので、ふかひれスープの素も。贅沢な缶詰も酒も必要。今年は停電対策を兼ねて保存水ボトル(10%減で)を数本冷凍させた。子供が会社の期限切れ食品をもってきた。水だけでも食べられる混ぜご飯、優れモノだった。

そして壊れた家の前で、やけくそパーティ。でも食品が埋まって取れないとか・・・

日経が、首都直下時は災害拠点病院の6割で通常診療はムリという。医者が集まらないためだ。せめて、慢性疾患者はを数か月分備蓄した方が良い。

ところで、気になるのは負傷者や死傷者の見積もり。

20230831-183252_20230901175901

関東大震災は火災、阪神は家屋倒壊、3.11は溺死が一番の死因だ。最大被害の想定は、冬の夕方6時・強い北風という前提だった気がするが、今年の8月だったらどうなる。停電したら復旧に何日もかかる。そこで、実験中のAI型Googl検索をした一部がこれ。

3.11では、福島第一など複数の大規模発電所が停止した。3日で約80%解消、8日で約94%だが、3カ月以上かかった地域もあった。首都直下型の場合、ライフライン復旧の目標は、電気が6日、上水道が30日、ガスが55日とされている。(文は短くした。正確さは未検証だが、使い勝手はイイ)

自家発電を持つ人は少ない。エレベーター閉込めの人は暑さに耐えられるか。家が倒れなくても家の中で熱中症で倒れそうだ。車のクーラーを使うと何日持つ? 涼しい所へ逃げる?勝浦市はクーラーいらずの涼しい街で有名、殺到するだろう。でも、立体駐車場だと出庫できない。

地震は一瞬だが、インフラ回復までの間に他の災害に襲われると、精神的に絶望する。夏の方がイヤだが、冬になると夏の方がいいと思うかな。

日本経済は全治××年に。チョー円安になるから$預金が必要だ。図の経済被害額の過去の三回は事実に即したものだろう。

常々、毎年の震災報道で一番欠ける視点がある。

首都直下大地震が来ると知りながら、人口集積を官も民も続けることだ。分かっているのに止めない。関東大震災時は東京400万人、いまは1400万人、今更減らしても間に合わない。それどころか、豊かな都財政を源に子育手当てを増やして誘因政策をしているではないか。

 参考 東京都の人口が過去最高、7割が23区

海抜ゼロメートル地帯は、堤防が必ず決壊するとして地震水害を恐れる。臨海部は、浸水でエレベータ停止となりタワマンで人が孤立する。震度7では倒れないというが、まだ経験はない。構造体が絶えても、継続使用できるかは物件毎に違うだろう。

思い出すと、3.11の夜は季節外れの穏やかな天気だった。だから、人々は都心から歩いて帰宅できた。でも、被災地では雪が舞っていた。本番は、帰宅しないを前提にすべきだろう。

専門家の中には、ハッキリと外から助けは来ないという覚悟を求める人もいる。地域の公助は必要だが、前提は自助である。生き延びれば他者の役にも立てるのだ。

長周期パルスが高層ビルを襲う

BS-TBS 報道1930 。YouTubeでも見られる(17分以降)。

南海トラフによる長周期振動は、3.11で東京のビルが揺れた時より強くなる。大きな揺れがゆっくりなのだが、熊本地震で初めて観測された長周期パルスは大きな揺れが一気に襲う。活断層から数十キロ程度の所と言われ、ビルの構造躯体を破壊する力があるという。

Photo_20230901184701

M8クラスが9年毎に起きた歴史を学べ

これみたら、東日本から10年ほどたって、もう大丈夫とはならない。この中で、福和先生は凄くいいことを遠慮なく述べていた。

12917
 日本って必ず災害がある国で、折り合い付けて生きて来た。でも今はそれを忘れている。江戸時代くらいの人に戻って考えなくちゃいけない。ですから、危険な所には集落作りませんでしたから。安全な所にしか棲まない、そういう文化をちゃんと作っていた。だから人も集め過ぎない。

たぶん、埋立地にビルを建てるとか、ゼロメートル地帯で宅地開発するなんて、傾斜地に盛り土して家を建てるなんて、地盤の緩い地域や海抜の低い所に高層ビルなんてあり得ない、と言いたいのだろう。

最後に、『日本はもっと広いんだから、ちゃんと分散して皆で安全な所に棲んだ方が得ですね。』と。

もう間に合わない。

 

 

 

 

2023年1月 2日 (月)

高さ10m級の堤防が平方・上尾市を守る

無堤防区間の解消は用地買収でいつになる?

3 min read

 荒川沿いの水害対策についてナマ情報を投稿してくれる読者からの続報です。年末に届いた写真には、「第三調整池の掘削作業が始まっています」と添えられていました。いよいよなんですね。

 浜ゴム跡地(愛宕三丁目)のGLP上尾の工事もですが、こっちはもっと壮観なので見に行きたいものです。

Image110

 池の仕様は、過去記事の「効果30cm」に書きましたが、目的は下流域への水量抑制です。上尾(平方)の水害対策は、並行して進る築堤事業つまり土手造成です。

 寄稿には、ちょっと気になることも書かれていましたが、当方が検証できないため(議事録でも不明)、掲載を見送ります。m(__)m。しかし、他に気付かなかった事が分かりました。

 が、その前に3つを紹介。

1、台風19号(2019.10/12)の被害を受けた「川岸屋の娘」さんが去年6月に廃業を伝えました。下は被災直後のもの、この日から娘さんのツイートが始まっています。

2、被害のスケール感を生々しく伝えた平方洪水写真。ソースは群馬大学教授・早川由紀夫氏空撮と思われます。それを当ブログで紹介したのは翌年7月なのに、今でも閲覧は続き1950回を超え、上尾市が公文書に載せたものより貴重な光景です。

3221月から用地交渉に入り、11月のストリートビューでは移転補償※3 により住宅解体が済んだ所も。

20221230

 ●これが平方地区の堤防計画の姿 

以下は国交省平方地区説明会資料より(21/12/19) クリック拡大

Photo_20221230184101

最終的には開平橋を境に上流と下流に高さ9mの堤防が作られ、既にある堤防へと繋げます。これで無堤防区間が解消されます。高さは測定起点で変わります。20/12月の資料には下流側で9mと明記。

 工程は、①低水護岸、②小堤、③市道・排水工、④本堤 の順です。上流側はクラブハウスの先にある既存堤防に繋がります。河川敷と往来するための坂路や市街地の雨を荒川側に排水する樋管(ひかん)が設けられます。

 本堤の敷幅は川沿いの現市道から65mほど民地へ食い込み、川岸からだと90m位です。堤防天端の幅員は7mです。長さは説明図には見当たりませんが上流側で440m位です(Gマップ上)。

  たぶん、開平橋の下をくぐる感じで下流側へ繋がりますが、下流図が無いので詳細は不明。下流側に第三調整池が造られます。※2

 参考 上流側のGoogle-3D地図 

 計画エリアには、住宅以外にも医院、クラブハウス、食品工場が含まれると見ます。本堤の着手は24年予定ですが、用地交渉次第なので、完成がいつなのかは分かりません。だから、仮の「小堤」を造っています。21年には予期せぬ基礎崩落もありましたが、高さ1.5mを作って、大型土のうの設置も完了済みらしいですよ。

●最後に、上尾市政のダメダシ

 国交省荒川上流河川事務所 のサイトはとても分かりにくく、新旧混在、中身を連想できない文書タイトルが多いです。結局、当方が見落としていただけで、20/12月には地域へ公開済みでした。 

 しかし、国の事業だとしても他市民に説明しないのは「お役所仕事」です。防災は市政の最重要テーマですから、荒川沿いで9mの本堤が造られようとしている姿を伝える義務があります。専門家の上尾市建設課がやるべきであり、こんな国交省へのリンクだけなら子供でもできます。その意味では、上の説明は素人の見方であり、正しさを保証していません。

 当地の議員は長期休み、住民からもネット発信も見当たりません。先日、小池議員がローカルインフルエンサーを提案してましたが(こちら)、こういう役割なら必要ですね。

●夏の花火大会は?

 実施前提で書くと、工事現場を市民が目にする機会は重要であり、水害対策への理解と事業のPRになります。それができるかが問われます。

 

独白 地方に行くと、田畑が道路計画に織り込まれると宝くじに当たったも同然です。跡取りのいない農地や敷地を先祖の地と惜しむ人もいますが、多くは耕作放棄地やタダの荒地と区別がつきません。流動性の低い土地を公共事業で買い取ってくれたら、利便性や医療アクセスの良い市街地へと転居できます。


参考

※1 荒川氾濫を伝える一枚の写真… 、荒川洪水に備える第二・第三調整池…

 上尾市の被害まとめpdf

※2 調整池の完成イメージ

※3 国交省荒川上流河川事務所

 補償金の算定 ※3より引用

(1) 土地の補償

取得する土地に対しては、『正常な取引価格』をもって補償いたします。土地価格の算定にあたっては、現地を踏査したうえで、売買実例価格、地価公示価格などを調べ、さらに不動産鑑定士による鑑定評価格を求めます。
なお、皆様からお譲りいただく土地の面積は実際に測量したものとなります。

(2) 物件等の補償

土地に建物がある場合は、その建物の配置、種類、構造、敷地の形状等に基づき通常妥当と思われる移転工法(再築工法、曳家工法、改造工法等)を決定し、その移転工法により算定された額が建物移転補償となります。また、工作物についても、建物に準じて算定し補償いたします。

 

2022年10月26日 (水)

荒川洪水に備える第二・第三調整池と上尾

その効果は、30cm・・・

1-2 MIN READ

Photo_20221026151501

荒川洪水調節池群の整備が始まっている。第三調整池が上尾市側に作られる。その工事着手の写真を読者が送ってくれたので感謝を込めて掲載。クリックで拡大。

平方地区の荒川の拡幅工事が終わった
Image01
現在は護岸の補強工事。鉄板を打ち並べて内側にコンクリートを入れている
Image12

掘削機

Image2_20221026152901

概要は国交省関東地方整備局・荒川上流河川事務所にあるので、下にまとめた。

(事業の内容・諸元 )

・場所 さいたま市、川越市、上尾市

・全体事業費 約1,670億円 

・事業期間 平成30年度~平成42年度(13年間)

事業内容 第二調節池 第三調節池 (上尾市)
面積 460ha 300ha
治水容量 3,800万m3 1,300万m3

・事業の効果

 ・調節池の整備により、洪水の一部が調節池に流入し下流へ流下する流量を低減できます。

 ・流量の低減により洪水時の水位上昇が抑えられ、堤防決壊等のリスクが低減します。

---------

引用元の文で驚くのは、今でも「平成42年度」と書いている役人の硬直ぶりだ。まぁ、2030年のことらしいので、今から8年後に完成だ。

解説はこちらが良い。

それを読むと、上尾やさいたま市よりは、東京都を守るためのように読めた。完成後の効果を次のように書く。

2019年の台風19号の時に、岩淵地点(東京都北区)で約30~40cm水位を避けていたと推定されます。

 素人には、たった30cmかと思う一方、安心ってキリが無いのに1670億円もかかるのかと驚く。もちろん将来世代が払うのだ (>_<)

 しかし、もっと降って溢れた日には、『想定外』で済んでしまうだろう。

 異常気象が頻発する時代では、そもそも水害が想定される地域の宅地開発を制限したり住まないことが合理的な選択なのだが、現実はそうならない。

コロナを契機に、都内脱出とかリモートワークとか地方移住とか言われたが、日本の変化は微々たるものだった。

関連 上尾市の標高図-地形分類で選ぼう住宅立地

関連 気候変動、現行目標達成でも2.8度上昇=国連

2022年9月12日 (月)

常磐線、放射能測定の旅

熱心な読者からの寄稿。

見る人が見ると分かるんでしょうね。


東北の大震災後初めて常磐線に乗りましたので各駅で放射線を測定してみました。

いずれも基準以下ですが福島原発事故の影響を残しています。

上野  0.06 μs/h

松戸  0.06 μs/h

天王台 0.06 μs/h 

取手  0.06 μs/h

藤代  0.06 μs/h

竜ヶ崎 0.05 μs/h

牛久  0.06 μs/h

日立牛久0.07 μs/h

荒川沖 0.08 μs/h

土浦  0.10 μs/h

筑波山口0.12μs/h

山には放射能プルーム(雲)がぶつかり麓の放射線が高くなります。

Photo_20220912201701
---------------------
身近だと、さいたま市の新都心にあるMM社地下室にある放射性廃棄物って、外へはどの程度の値なんでしょうね。
基準値以内のハズですが・・・
こんど機会がありましたら、さいたま新都心駅前も。

2022年5月25日 (水)

首都直下地震の埼玉県震度を地形分類図で予想

1都3県、首都圏の震度分布は…

前記事 地形分類で選ぼう住宅立地  追記 上尾市ハザードマップの予測(文末)

東京都防災会議から、首都直下地震等による東京の被害想定 報告書がでた。詳しくは各報道参照へ

耳タコだが、発生確率は今後30年間で約70%。いつ起きてもおかしくない。複数パターンのうちの最悪ケースの震度分布図が目を引いた。いつも東京都の絵しか見せないのだ… ( ゚Д゚)

都県境で地震波が止まるわけでは無いから、せっかくのデータで埼玉県・神奈川県・千葉県境まで描いて欲しい。それが共助って言うものだろう。大野知事は百合子さんに頼まないから、前記事で使った国土地理院・地形分類(自然地形)の地図と比べてみた。クリック拡大

Photo_20220525181901
右の自然地形の水色は低地である。その地形解説は、

・土地の成り立ち・・・河川や海の流れによって運ばれた砂礫や泥が堆積してできた平坦地。または、その流れの侵食によってできた平坦地。

・自然災害リスク・・・河川氾濫、高潮、液状化に注意。地震時に揺れやすい

こうみると、埼玉県南部で都境の自治体は震度6強、そしてオレンジ色(台地・段丘)は6弱かなと思う。
所で、地理院地図のズームレベルを拡大すると更に細分化され、江東区や湾岸部は旧水部と定義される。

・土地の成り立ち・・・江戸時代または明治期から調査時までの間に海や湖、池・貯水池であり、過去の地形図などから水部であったと確認できる土地。その後の土砂の堆積や土木工事により陸地になったところ。

・自然災害リスク・・・地盤が軟弱で、液状化のリスクが大きい。沿岸部では高潮に注意。


Photo_20220525223201
●その後、朝日新聞をみたら首都直下地震の被害想定ページに首都圏の震度分布があった。これだと埼玉県も分かるが、今回データとの違いは分からない。上尾市は震度6弱だ。

Photo_20220525231501
 
上尾市ハザードマップに埼玉県の震度予想図がある。発生確率が一番高い70%の東京湾北部や茨木県南部のケースでは最大震度6弱になる。なお今回の都発表の想定例と下の東京湾北部地震とは微妙に違うものと思う。
Photo_20220528142901
●東京都の今回発表で注目された災害シナリオ
こっちの方が重要だがどこまで浸透するか。詳細はこちらのP10~13
Photo_20220528150901
 

2022年4月 7日 (木)

日本のリスク、地震の多さが気になる2022年


専門家は長い目で見ているから特に多いとは言わないが、3.11の数年後を除けば、今年は体感的には多い様に思う。末尾に表にした(tenki.jp地震情報は震度で抽出できる )。
専門家の先生は、全国で相次ぐ震度4以上の地震(名古屋テレビ)の中で次のように語っていた。
4_20220407215701

「特別多いとかそういう話ではなく、多かったり少なかったりする周期の中の、多い時期と言えるのではないか。北海道や福島は東北地方太平洋沖地震の影響で、京都や今回の愛知の地震は南海トラフの準備の中で起きているものの1つかもしれない」(愛知工業大学 地震学 横田崇教授)

●3/16日の震度6強は首都圏でも大騒ぎとなった。

その深夜は停電エリアが有ったり、消防車が信号の消えた旧中山道を突っ走っていた。不思議に3.11と同じく、風もない暖かくて過ごしやすい夜だった。

そして翌朝、わが街・上尾市からの地震の被害報告については市サイトに何もなかった。本当なら、停電が○○エリアで発生し何時頃に復旧とか、或いは「特に被害情報は入っていません」とか位の事実報告はすべきなのに、被害が無いから報告も無い、というのが上尾市の危機管理である。

実際、世間も行政も翌朝には何事も無かったように過ごしていたわけだ。

なお素人目にはあれは一回と思うのだが、3/16の地震は震度6強が二回と数えるから統計的には多く感じてしまう。

プーチンの戦争で国防問題が焦点化しているが、気になるのは首都直下地震である。こっちこそ日本の最大のリスク要因だと思うのに、現実はタワーマンション開発が増えている。埋立地にタワマンなんて狂気だと思うが都心生活のステータスシンボルみたいになっている。

耐震とか免振・制震というが、結局は容積率緩和という錬金術による開発バブルだと思う。豆腐の上の細長い箱じゃないの? 日本では建ててはいけないと思うのに、どうにも技術過信ではないだろうか。ちなみに、ウクライナの被害を見ていると、建物にレンガや鉄筋が細いのしか見えないのは地震が無い国なのだろう。

また、少し前にNHKテレビでやっていたが、タワマンの地震問題では排水管の正常を確認するまでは水が流せなく、それまで汚物をどうするのか悩みなのだという。

我が家では非常食を点検した。賞味期限切れがあったので更新した。ミカンの缶詰が膨張していたので開けたら中身が腐っていたのには驚いた。避難生活の時は、美味しいものを食べたいと思う。

車のガソリンも満タンにした。リッター165円だった。ヒマを見ては書棚の軽量化をしている。結局、思い出みたいにとっていても、読まない本や書類は捨てるしかない・・・

▼発生時刻 震源地 マグニチュード 最大震度
2022年04月07日09時30分頃 愛知県東部 M4.6 4
2022年04月06日17時14分頃 和歌山県北部 M3.6 4
2022年04月06日00時04分頃 福島県沖 M5.4 4
2022年04月04日19時29分頃 福島県沖 M5.1 4
2022年04月04日10時26分頃 石川県能登地方 M4.3 4
2022年04月02日16時27分頃 茨城県北部 M4.4 4
2022年03月31日23時34分頃 京都府南部 M4.3 4
2022年03月31日20時52分頃 千葉県北西部 M4.7 4
2022年03月30日00時18分頃 岩手県沖 M4.6 4
2022年03月27日08時15分頃 十勝地方南部 M5.1 4
2022年03月25日12時08分頃 福島県沖 M5.1 4
2022年03月23日09時23分頃 石川県能登地方 M4.3 4
2022年03月18日23時25分頃 岩手県沖 M5.6 4
2022年03月17日00時52分頃 福島県沖 M5.6 4
2022年03月16日23時36分頃 福島県沖 M7.4 6+
2022年03月16日23時34分頃 --- --- 6+
2022年03月08日01時58分頃 石川県能登地方 M4.8 4
2022年02月18日11時55分頃 宮城県沖 M5.2 4
2022年01月22日01時08分頃 日向灘 M6.6 5+
2022年01月04日06時09分頃 父島近海 M6.1 5+

 

 

2022年3月22日 (火)

停電しそうだ。With地震時代の日本

<揚水発電所の発電可能残量>

午後4時には、揚げた水の半分を使ってしまっていた。夜には空っぽ・・・寒くなるなー

50

こちらの東電・でんき予報から 3/22 18:00

○ 電力需給が極めて厳しい。このままだと夜20時以降に揚水式水力発電の運転が停止し、約500万kW(200万~300万軒規模)の停電が発生するおそれ。そのため、更に毎時200万kW程度の節電が必要、もう一段の更なるご協力をお願い。

同サイトから

・揚水発電所は上下の2つの調整池を持ち、一定量の水を繰り返して使用する発電所です。電力需要の少ない夜間帯に下部調整池から上部調整池に水をくみ上げ、電力需要が多い時間帯に上部調整池から下部調整池に水を流して発電します。当社サービスエリアでは、全供給力の約20%を占めています。揚水発電所での発電量が増加すると、上部調整池の水を使い切る可能性がある。

----------------------

季節外れの寒さだが、世間では節電はそれほど深刻には行われなかったかもしれない。外出先の店では何も変わってなかったし、照明も半分では無かった。

でも、使用率99%だったのが、17:30で97%に下がっていた。みんなガンバレ・・・(^-^?)

計画停電すれば、と言う威勢のいい声もあるが、昨日の今日で急にやられたら経済的な被害も多いだろう。

テレビで、画面の明るさ落とせと言っていたが、なんでテレビ消せと言わないのか。バカじゃないのかと思う。ニュースはスマホ、ラジオで。

先日のM7.2地震後に備蓄品を少しチェックしたら、ホカロンを買い過ぎていたことが分かった。重複して買っていたので、古いモノから消費しよう。

おしまい。

 

 

 

 

 

2021年10月10日 (日)

首都直下地震の予行演習になったか?

コロナも地震も慣れてしまう日本かも

専門家は想定する首都直下地震とは違うというが、足元が震源なら同じだよね。とにかく地震は予知できず、突然やって来た。

 ●2021年10月7日 22時41分ごろ 震源地 千葉県北西部、最大震度5強、マグニチュード6.1、深さ80km

 震度5程度の揺れなのに首都圏では翌朝から電車ダイヤが大幅に狂ってしまった。エレベータも地震で一たん止まると、必ず点検しないと稼働できない仕組みらしく、マンションの人は大変だったらしい。もし夕方だったら階段になったわけだ。

コロナの5波が信じられない水準まで減っているとはいえ、早朝から満員電車に載るのは嫌だったろう、と他人事みたいに思うのは久しぶりに駅前の喫茶店へいったときのこと。普段より混んでいて高校生もいたし、電車待ちと思える女性は宅建の試験勉強をしていた。

電車やエレベータが止まったのは点検作業のためだが、新宿湘南ラインみたいに長い路線は点検に時間がかかることは開業時から危惧されていた。エレベータは保守業者も回り切れないから復旧に時間がかかりそうだ。

●川口市の揺れが震度5強なわけ

震源の千葉市よりも遠い川口市の揺れが酷かったので話題になった。テレビでも駅前混雑で随分とニュースになっていた。地表面の40kmの差は地下70kmの震源からみると大した差では無かったかもしれないが、どうやら川口市や足立区は軟弱地盤だから揺れが大きかったらしい。

NHKサイトで今回の地震について出ており、表層地盤の地図があった。地表に近い地盤の揺れやすさを意味するようで、荒川、大落古利根川、利根川などの川沿いが目立つ。下図はJ-SHISより

Photo_20211010114201

先日書いた浸水ナビの荒川氾濫の想定図を再掲する

Photo_20211010120801

河川に起因するものだから共通してしまうのだが、これらを見ていると埼玉県南部への住宅人気ってどうなんだろうって思う。

でも実際は、3.11の後だって首都圏はタワマン建設ブームが起きている。容積率という数字を変えるだけで宅地造成が出来るのだから、麻薬みたいなものだ。そこへ免振とか耐震という技術で不安解消するのが日本なのだが、自信なのか過信なのかはその日まで分からない。

●長周期振動とマンションの揺れ

 毎日新聞によると、地震波の中で、揺れの一往復が2~10秒となるのが長周期振動。それが、建物の持つ固有の振動と一致すると共振が起きてもっと揺れてしまう。階数×0.1秒というから、30階建てマンションなら3秒だ。長周期振動による大被害の例が1985年のメキシコ地震で500棟が全壊したという。

 気象庁では、アニメで15階ビル(固有周期1.5秒想定)、30階ビル(3秒想定)、50階ビル(5秒想定)の揺れを見られる。こちらをクリックするとアニメ起動になる

 あの夜、あの後、外に出て近くのタワマンを見た人が語るには、普段はまばらな灯りなのに、あの時は全戸に灯がついていたとのこと。

●粗大ごみの処分が増えている

 地震対策も兼ねて今年は150kg位を捨てた。普段は解体して西貝塚環境センターへ持ち込むのだが、セダン車には入りきれない書棚の処分のため、初めて市の粗大ごみ回収を依頼した。

7月の時は既に予約一杯で断られた。聞けば、去年から処分依頼が急増してると言う。コロナ禍で外出できないヒマになった影響もあるが、在宅ワークのスペース確保とか、子供が巣立って家具類が不要になった処分だろう。

ワクチン予約並に受付開始と同時に電話をかけ続け、なんとか繋がった。

予定日に市のトラックで取りに来た。重量測定できる車なのだろうか、70kgと請求され、そんなにあるかとびっくりした(まさか目分量じゃないよね)。でも解体して運ぶことを考えたら楽なものだ。

捨てる前に写真撮っておけばよかったな、と後悔した。

多分見ることは無いけど・・・

 

なんか書き忘れたなと思っていた事を追記・・・

●根本的解決策は強靭化ではなく首都機能分散

勇ましい言葉が好きな安倍さんは国土強靭化計画を唱えていたが、なんだかんだ東京だけが栄える小さい日本になった。昔は首都機能移転という計画があったのが懐かしい。

結局、オリンピック誘致は精神的な高揚感が欲しかっただけで、社会資本はますます東京に集中し、借金も残った。そんな東京一極集中を壊すには機能分散しかないのだが、既得権益や仲間内の批判を恐れてできない。

リスクを避けるのが日本人なのに、『卵を一つの籠に盛り続ける』のを止められないのは、みんな責任(損失)を負わずに逃げられると思っているからだろう。

イヤイヤ、考えたくないから 変わらないのだ。

 

 

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。