カテゴリー「上尾市」の230件の記事

2022年3月 9日 (水)

上尾市スマホサイトの改善とモデルナ推奨文

 なんと、上尾市役所のWebサイトのスマホ用トップ画面が(火曜に)急に変わりました。三日前に指摘しましたが、それとは違う変更でした。 大きな新型コロナ関連情報」というバナー広告が消えたので、「そんなバナナ」と思いました(クリック拡大)。

2_20220308183001

ちなみに、バナーは廃止ではなくスマホで表示されないだけ。では、「コロナ関連情報」への直リンクはどこへ…?

今回の変更で、「重要なお知らせ」が目立つようになりました。行数も多く見えます。本当は、同じ日付の案件は、下のようにまとめると良いのですが構文的にムリそうです。

2022年3月7日更新
 ・新型コロナウィルス感染症に関する・・・・
 ・新型コロナウィルス感染症の・・・
 ・上尾市コロナワクチンメーター・・・

他自治体のスマホ画面のデザインは見てくれやイメージ重視が多いのですが、上尾市役所は実用重視で良いと思います。せっかくだから、四つの「さがす」のフォント(サイズ)も直して欲しかったな。

●モデルナを推奨する「重要なお知らせ」

ワクチン予約システムの、三回目を予約する最初の画面では、モデルナが先に選択されるようデフォルト扱いは賢い設定です。でも、市民は非情です。現在の予約状況を某人気クリックの例で示したものです。

Screenshot0

戦火のウクライナコロナ感染統計はもはや把握不能です。2月末の3万人弱とは日本なら8万人レベルですが、遅れたと批判されて急いで準備しても、日本人は接種に殺到するでも無く、のどかなものです。

オミクロン以後の感染力の強さからは誰も逃げられませんから、軽症で済むように接種率を一気に高め、ダラダラ感染発生を止めて、感染指定解禁に進むべきです。目の前の資源高によるインフレと景気減速に備えるためにも。

 


予約画面で年齢や性別に応じてメッセージを流すと良いかもね。

モデルナ接種の市民から、嬉しいメッセージが続々。

 

・顔のシミが消えました(48歳主婦)

 

・翌日は、モデルになった気分です(23歳女性)

 

・第一志望に受かりました(18歳高校生)

 

・男の自信がよみがえった(70代男性)

 

・妻から喜ばれた(56歳自営業)

 

・ファイザーを打つ人の気持ちが分かりません(40代公務員)

 

・回数券下さい(83歳男性)

 

なお、これらは個人のご感想であり、効能を保証したものではありません。また年齢は接種時のものです。

 

 

 

2022年3月 7日 (月)

上平の複合施設計画はマッチポンプである-4

自分で立て、自分で取り消して公約実行だという。

予算関連 1 規模  2 市民税  3 特徴 4本稿 

前記事3のつづき 『アレ、予算ないね…』と最初に感じ、そりぁそうだなと思ったのが「上平の複合施設計画」だ。

去年11月の市長選では対立した深山元議員が「子育て交流プラザこども未来館」という世間受けするイメージ案を唐突に出していた。それは、とん挫していた本件の代替案だと思ったが、争点にはならなかった。本館移転と比べたら市民の関心はとても低いためだ。結果は予想外のダブルスコアーで畠山圧勝だった。

その選挙感想記で書いたように、四年間で上平出身の市長と議員が消えたことになるのだから、畠山さんは彼らに"義理建てする理由"は消えた、と思っていた。だから、終わった本件が、2/19の朝日新聞に載ったのは驚いた。ソースは議会用に発表されており、短いので簡単に読めるが、朝日とはニュアンスが違う。

まず、ソースには、「市長選の公約として本計画の見直しをする」とあるが、当時の選挙公報には何も書いてないことを指摘しておく。そして、三つの方針を決めたと発表した。


1 あの土地は当面、「上平広場」として継続する。

2 コロナ禍と財政を理由に、(苦渋の決断ですが…)複合施設建設は凍結する。

3 図書館分館機能を含むとした案は撤回する。

以上だ。これだと図書館を入れない案なら、いずれ解凍すると読めるから、素直に白紙撤回とは受け取れない。

二番で、コロナと財政を理由しているのはこじつけ。本件は逮捕市長からの負の遺産であり、畠山さんにはお荷物だったから、「清々しました」、「時間かかり過ぎました」、「ごめんなさい」と言えばよいものを、月並みな『苦渋の決断』と気取ってみせる。

なお朝日記事の終りに「再検討には市民の意見を伺う」と伝えるが、「市民」にも色々いるから、そこが問題だ。本件だって、(好都合な)市民の意見を聴いたことにして突き進んだじゃないか、愚かな施設課よ。

W逮捕後からを回顧してみた。

彼は島村案を見直し、途中でPAPAへ本館移転という寄り道を目論むも否決され、自ら進めた複合施設案も否決され、今回の「見直し」へたどり着いた。つまり、自分で立てて、自分で取り消したが、謝罪もないし、予算を無駄使いしただけなのに責任も負わない。極めつけが「見直しは公約実施だから」では、マッチポンプである!!

これなら誰でも「市長」が務まる(実際そうだから、無能でも成りたい人が現れる)。

こうなる最大の理由は、政策の合理性が無いためであり、そうなるのは彼が本気で問題に向き合わないためだ。人柄が良くてもそこが限界となり、それを良いことに、自信過剰に陥った幹部職員が政策の道を読み違えてしまう。これが畠山市政が迷走する実態である。

そして、W逮捕から四年、上尾は畠山稔市長と渡辺一議長と言うコンビになった。どんな意味かは書かない。

あの記事は朝日にしては薄っぺらだった。書いてほしかったのは、『買うべきではい土地をなぜ買ったのか』という出自についてである。歪んだ地域愛と権力者へすり寄る人々(職員と市民)が市政を堕落させて産まれた土地であることを、自治力の育たない郊外市の姿として描いてほしかった。

所で、深山さんは島村時代に「文化のバロメーター」と言って図書館建設に熱心だった(しかし、本館で姿を見かけたことはないとコアユーザーは言う)。島村逮捕後も、私はあきらめないとブログで一人気を吐いていた。たぶん、後継者を育てることもなく二年後には戻るだろう。

その頃までに、畠山さんは、さっさと負の遺産処理をやれば良い。先ずは上平広場の管理を畑違いな図書館部門から「みどり公園課」へ移せ。ゲートボールで老人優遇するだけじゃなく、若者にバスケットリンク位作ってやれよと言いたい。地域偏重案が出た時には若者が反対するようにね。

そろそろ、下り坂を歩く準備が必要だ。

所で、当然のように、(新たな)ハコモノにノーという市民がいる一方、既存施設を削るのはノーという人も現れる。例えば、利用者の集まらない公立幼稚園廃止を"許さない"という地域民とか、小中学校の統廃合への反対も一部である。

つまり、作るのもダメ、削るのもダメと言う現象だ。どちらも人口減少という背景で起きていることだが、そんな事にはお構いなしだ。しかし、上平計画が消え、今後の長期的テーマは学校施設更新問題であり続けるだろう。

それは人口増で一気に学校を増やした郊外自治体の共通の悩みである。膠着した綱引きみたいに問題解決できないでいると、両者が一緒に衰弱するだけだろう。

オシマイ

 

2022年3月 3日 (木)

住みたい街ランキングにでた上尾駅(市)

「2022年、住みたい街ランキング首都圏版」

過去記事 東洋経済・上尾市の住みよさランキング731位

Aaaa1

SUUMO(リクルート住まいカンパニー)が発表した駅別のランキング首都圏版に、横浜、吉祥寺に次いで大宮が初の三位、浦和が8位から5位にアップしたという埼玉版ニュースがあった。それを聞いた、さいたま市長が「一つの自治体の複数エリアがトップ5にランクインしたことは大変素晴らしいこと。住みやすい街だと市内外で評価された結果」と言っていた。

 記事で紹介されるのは、上位や前年よりも急上昇になった駅や自治体名だが、ソースを見ると上尾市も名を連ねていた\(^o^)/

 調査は一都三県で、20~49歳に限定しているのは住宅見込客層だからだろう。一万人規模と大きいが、埼玉県民は1800人位である。そして、設問はとてもカルーイ調査だ。住みたい駅」と「住みたい自治体」をプルダウンリストから各3つ選び、1番に3点、2番に2点という配点で合計を求めた順位である。なお、複数路線の乗入駅は合算などしているので上位に来るのは当たり前だ。

埼玉県の駅だと、川越、和光市、川口、武蔵浦和、南浦和、越谷レイクタウン、新越谷に続いて、上尾駅(JR高崎線)は114位で過去最高だった(去年155位)。

 参考 コロナ禍とJR上尾駅、北上尾駅の乗車人数

 大宮と浦和が上位に来たものの、支持したのは埼玉県民が7割超である(自県投票率) 。つまり県民の人気投票みたいなものだ。そして、選んだ理由は不問なのだから、清水市長みたいに勝手な理由を付けて解釈する。

 私的には、上尾は「大さいたま市」の北に付着するコバンザメ市みたいな感じで支持を受けていると思う(上尾駅頭のペディストリアン風景は近隣駅よりはあか抜けていると思うけど・・・)。

今回の特徴は、埼玉県と千葉県への得票シェアが2018年以降で最大になった、東京都民の東京都投票割合が最小になった、得点が大幅に増えた街(駅)が郊外の商業施設駅で増えたことなどだと総括している。

得点ジャンプアップのランキングでは、31位に上尾駅があった。

Suumo

また、都心部の得点シェアが下がり、2021年は10km超圏が伸び、22年は30~50km以内圏のシェアが伸びたとある。これはコロナ禍の影響かも知れない。また都心部のマンション価格高騰もありそうだ。

 なお千葉県では、「母になるなら流山市」の駅が県内三位へ躍進という。

以上は駅の話だが、住みたい自治体では上尾市は93位だった(三年前は83位)。まあ百以内なのだから良い方と思う。最後に、以前、広報広聴課による「ここがイチ押し」という広報あげおで、上尾駅は県内三位という自慢話しがあったが、ソースは馬の骨が書いたコタツ記事だったので、今回の方がマシだろう。

 ↓ 恥ずかしいと思うなら、書き直すことを勧めたい。そして畠山二期のキャッチフレーズは「父になるなら上尾市」

参考 こたつ記事を使う礼賛広報の危うさ

 

2022年2月 9日 (水)

第6波・上尾市のコロナ感染者数統計

週初でも感染増加が止まらず、第6波のみで5千人超も…

1.今は、移動平均で一日200人レベル 

 一般に、週初めは検査制約要因のために少なくなるはずですが、上尾市では月(237人)、火(287人)と最高数を更新中です。以前、デルタ株の3~4倍として移動平均で150人、Max200人と予想しましたが、軽く突破して5倍レベルへ向かっています。今の移動平均は190人です。

6_20220209000301

 先日、人口規模が似ている草加市(24万人)で一日533人と言うとびぬけた値が出ていた時は驚きましたが、草加では300人台が何回も出ています。

 沖縄や広島県のようにピークアウトしたり、横ばい県もありますが減り方は緩やかです。減らない最大の理由は、二年間が過ぎ対コロナへの国民的なコンセンサスが得られにくくなっていると思います。あまりに多いから、いちいち感染者発生を報告することもしなくなりました。

 例えば、上尾中央病院は以前は発生と終息報告をしてましたが、今はしていません。クラスターでもない限りしないでしょう。想像ですが、イオンモール上尾もこまめな公表をやめたと思います。近間では、埼玉りそな銀行の丸広内支店で先日、一人出たと告知紙ありましたが、利用風景は何も変わりません。

 しかし、日本ではコロナは隠す病気扱いですから、身近に感じにくいです。なので、上尾市役所のみが生真面目に発表しているのは際立ちます。小中学校保育所などの発生例もリアルです。アチコチで散発的に出ているんだということが生々しく伝わり貴重です(報告はもっと簡便で良いと感じます)。

2.上尾市の感染者数の月間推移、二月は三千人も? 

 総累計は6200人、市民37人に一人の感染です。そして、1月は2週間で1500人でしたが、2月は三千人超す可能性があります。

Photo_20220209002801

始まりを1/13として6波の上昇局面では3060人です。過去の波は上昇と下降が左右対称に近く、下降時も同程度の被害数をもたらしました。また前波までは、大型連休や夏休み等が感染拡大の理由になりましたが、今回は、冬だからオミクロンが余計に流行るとしか言いようが有りません。

 仮に今がピークとしても、今回は下降局面の方が増えます。上昇で3000人なら、下降で1.5倍の4500人、2倍なら6000人を覚悟となります。と言っても防ぐ決め手はありません。耐えるしか無いようなものですが、大量の感染者を産む一方、大量の療養明けの人もいるはずです。その辺りは明示されません。

3.年代別の感染者数の構成…若年層が最多グループ

もはや行政には、どんな属性の人が感染しているかを説明する力もないようですが、厚労省のオープンデータ※によるとこうなります。埼玉県全体の6波の現況です。※年代別は累計人数なので週間の差分で求めた。期間は1/5~2/1。

6_20220209004401

 ワクチン未接種の10歳未満が14%、10代が16%で合わせて三割もいます。20代と30代まで含めると65%です。60代以上は11%と少ないため重症者数もデルタ株の時よりも少ないのですが、今後は三回目ワクチンが間に合わないので増加が予想されます。

  強いて、学校一斉休み位しか思いつきませんが、避けたい人も多いでしょう。

 毎年のことですが、冬の受験は大変です。

 

2022年2月 8日 (火)

ワクチン三回目のモデルナ体験記

モデルナハーフと副反応の話し

 キリン、キリンと来たら次はアサヒを注文するみたいなものですが、ファイザーとの交差接種でのモデルナは抗体価の増加が高いとのことで、日程が1週間の差ならばとモデルナにしました。予約が決まってからは、感染しないで接種日へたどり着くことが何よりです。

 土曜の10時から、西村ハートクリニックの予約ですが、10分前着、書類チェック後、9:55分に打ちました。

医 「今日はファイザー・・・・」

私 「えぇ―( ゚Д゚)、モデルナですよ!」

医 「あっそう・&_('ω')@(7is.;d?&  」

  慌てて、看護師がモデルナ持ってきた。

私 「アノー2回目で肩が痛くて…もっと低い位置で…」。

医 「三角筋に打つんですよ。そんな低いと神経が・・・」

私 「デモ アノ *;)w”#3o(>_<)k~・」

看  プチュー

私  (*_*;

 抵抗する間もなく撃たれたワ。

市の集団接種と比べて、民間はチョー早え! バンバン早打ちするんですね。15分経過したら帰宅です。



Photo_20220208002701

 所で、上尾市の予約システムを月曜夜にみても「三回目予約状態のまま」です。接種済みに更新されないのは予想通りでした\(^o^)/

  • 嫌われるモデルナの副反応 

 今回は半分の量なので「モデルナハーフ」です。

12時間後に肩痛が始まり寝不足となりました。翌日、平熱より+1度ですが、その割に筋肉痛が酷く、軽い頭痛も伴いました。単身の人は飲食の準備をしておくべきですね(好物が一番です)。

丸一日、「体が使い物にならない」のでNetflixでイカゲームとブラックリスト見てました。五輪も始まりましたが、半年内でまた五輪というのは違和感あって興味が削がれます。

24時間後あたりが不快感のピーク、日曜の夜は少し楽になり、月曜はジムに行きました。

副反応としては軽い方かもしれませんが、病気では無いものの回復すると気持ちが良いです。

ネットでは、二回目時の副反応の辛さを理由に打ちたくないとの意見がありますが、寝込んでいた時、『これが感染の症状で、さらに悪くなると・』と考えると、諦めが付きます。

 選択の問題です。

オミクロン対応ではないワクチンなので、7波は、デルタ株の後の10~12月みたいな凄い減少は期待できないはずです。

今感染しているのは、まずワクチンを打たなかった低年齢者(人口の約10%)、それ以外はブレークスルー感染ですが、そもそもブレークスルーというよりも「ワクチン効果が切れた」か「現ワクチンが効きにくいオミクロン」のためでしょう。

再感染する人もいますが、発症予防の効果が減っても、重症化には効果があるらしいのでそれでも良いと思うしかありません。

たぶん、ワクチン1回目が80%、二回目が79%という接種率には遠く及ばない気がします。岸田首相の決断が遅れたこともありますし、(コメント欄にあったように)堀内のり子・棒読大臣も役不足です。まごまごしているうちに、春には、ファイザーから「オミクロン対応ワクチン」が出荷されるでしょう。

産経新聞 モデルナ敬遠で予約伸びず 専門家「選ばず接種を」

Photo_20220208000901

ワクチン1日100万回接種を目標

 

 

2022年2月 5日 (土)

GLP上尾進出で実現する上尾陸橋交差点の右折レーンと渋滞解消策

新しい物流基地がもたらす功罪とは 

県道鴻巣桶川さいたま線(通称、旧中山道)の上尾陸橋交差点に実現する右折レーンと、さらなる交通量を産むハイテク物流拠点

  • 絵に描いたような時代の変化

 上尾道路沿いに物流倉庫ができても驚かないが、アマゾンFC上尾が来るとは思わなかった(こちら)。だが、もっと驚いたのは日本GLPという物流不動産の開発会社が、横浜ゴム跡地、つまり、あんな狭い道路の所に来ることだ!

 230億円を投じ、46000㎡の土地に5階建、延床10万㎡で24年2月竣工予定である。過去記事より

Googleで見ればあの辺りの区画の大きさから、かつて大宮市に次ぐ工業出荷額を誇っていた製造業の街の名残が偲ばれる。2006年のスーパーバリューはシーアイ化成(=横浜ゴム)の土地、15年のヤマダ電機も浜ゴムの土地、そしてイオンモール上尾の土地の二代前は東邦レースだった。

しかし界隈は、駅や幹線道路へのアクセス性が良いだけでなく、大規模公園と学校にも近い住宅地である。何年か前、浜ゴムが撤退したら宅地開発が良いと思ったが、住宅は固定資産税が減免されやすいから企業の方が良いだろう。

結局、一帯は3つの大店舗と物流基地という絵に描いたように流通業へ切り替わった。

  • 渋滞問題と交通アセスメントのゆくえ

GLP上尾は投資や雇用と税をもたらし、衰退する上尾経済圏に貢献するのだから文句は言えないが、狭い接道一本のみで、かつ郊外よりも地価が高い所に来たわけだ。よほど、主要幹線道路にアクセスしやすい立地を優先したのだろう。

Photo_20220205163601

まず、あの道の上り車線は普段は空いている。横浜ゴム倉庫があった時でも出入りのトラックに遭遇する機会は少なかった。でも下り車線は、イオンができる前から慢性的に渋滞だ。スーパーバリュー出口から交差点までの約300mが渋滞する。Google交通情報

だがイオン開業による渋滞増加は心配されたほどでは無かった、と個人的には思う。理由は、コロナ禍なのかSC乱立のためなのかは分からない。なお土日の夕方はモールからの退出が一時制限されるアナウンスを耳にする。その時は4〜500mになるだろう。

今度のGLP上尾はサイトで、①圏央道沿いの在庫拠点ニーズ(4-5階)、②ECや流通加工ニーズ(2-3階)、③ラストワンマイルの拠点ニーズ(1階)と書いている。マルチテナント型の施設なので大小のトラックが出入りする姿を想像する。

渋滞の車列を横断するようにGLP上尾から出たり入ったりするのだろうか?! 時間帯別の出入台数など上尾市と交通アセスメントを密にやってもらいたい。イオンのように大規模小売店舗法で規制されているとアセスメントを提示するが、今度のケースは法的にどうなるのか? イオン説明会の記事には、交差点需要率という指標があり、1(或いは0.8)を超すと、さばききれない状態を示すらしい。最高値はヤマダ電機前0.78とあった」。

  • 右折専用レーンだけでは解消しない 

上尾市内の旧中山道で右折帯がない主要交差点は上尾陸橋交差点のみだ。ヤマダ出店に伴いセットバックが始まって、用地買収が進んでいる。横浜ゴムの所も既に後退しており、ようやく三車線化が実現して17号への右折専用レーンが設けられるだろう。ただしGoogleで見ると幅員が頼りない

右折レーンの長さも気になるし、(後で議員も言っているが)信号の秒数の最適化も必要だ。例えば、車列長さを自動計測して切替時間をAI的に自律調整するレベルまでやって欲しい。仮に渋滞がひどくなるようだとSVが一番悪い影響を受けるだろう。

なお、マップを見ているとヤマダ裏の線路沿いにう回路を作れればなんて思うのだけど・・・。

  • GLPが進出した理由には意味深いものがある 

雇用確保がしやすいことを理由にしていた。ハイテク施設と言えども人手不足は大きな問題らしい。辺鄙な郊外よりは駅からも通える場所なので、正規や非正規の求人には良い。話は変わるが、上尾中央病院も医者や看護師等が通いやすいのが強みになっている。

もう一つは、「液状化・洪水・地震の災害リスクが極めて低い」と言う理由だ。当然と受け止める市民も多いけど、私的には一体どこと比較してるんだろうと思った。

液状化の心配はないが、地震は広域で見れば大差ない。ただし、水害はアマゾンの記事で書いたが、上尾道路辺りは海抜11mと意外と低い。愛宕町は17mくらいで河川からも遠い。

実は、この災害リスクが低いことは他の業界からも注目されている。データセンター建設が首都圏で盛んであり、上尾は候補地の一つに挙げられているが、それは別の機会に書いてみる。 

  • 参考 町田皇介・県会議員の質疑から要約(2020年2月定例会)

イオン開業前のことである。町田議員は、旧中山道の渋滞緩和のため、上尾陸橋交差点の改良を早期に進め、併せて右折信号の設置や信号の秒数調整などを要望した。

県答弁は、交差点南側で平成28年度から右折帯整備に着手した。用地買収率は50%、引き続き用地取得を進める、である。

 

2022年1月30日 (日)

上尾グルメお食事券はイオンモール上尾でプレミアム100%の変異株券へ化ける

コロナ禍と官民相乗りが産む常識はずれな変異種グルメ券 

2/1  やっとこ利用期限の延長(三週間延し3/30まで)の意思決定した

市はトップページのデザイン変更したが、Flash風バナーが動かない(>_<)

1/31 文末に追加 50%プレミアム券 VS 33%割引券


あげおおしょくじけん 変換すると 上尾汚職事件

 になるんですが、そこに違和感を感じないのが困ったものです ( ゚Д゚)

 

その、昨年末に始めた「おげおグルメ応援お食事券」は、千円が1500円券だからプレミアム率50%と高いのがウリだった。500円分は国のカネ(赤字国債)なので、(相も変わらず)もらったんもん勝ち政策である・・・。

しかし抽選販売の応募は1.5倍とたいして高くないから、応募分は全て当選した。上尾市観光協会のサイトによると…

●発行内容 発行総額2億4千万円、1冊2,000円(利用額3,000円)、1冊:500円券×6枚つづり
80,000冊発行(1人5冊まで購入可能)、期限3月10日(木)まで。

Photo_20220130123801

所がイオンモール上尾で使うと、幾つかのお店では飲み物サービスが付くだけでなく、一枚のグルメ券(500円)で一枚の引換券が貰える。その引換券三枚でモール内の買い物や飲食に使える500円券に化ける。利用制限はあるもののプレミアム率100%というトンデモ券が官民相乗りから産まれた。

Photo_20220130124301

コロナ対策が産んだ変異株券である。

他のイオンモールで類似をしているフシは無いので、これはイオンモール上尾独自のテナント支援策かもしれない。二倍になるのだから人気が出て、イオンモール側で「500円券」が不足して増刷りするハメに。そりゃ当然だよね・・・

開業一年という節目もあったし、コロナ禍という想定外の船出によるテナント支援策なのかもしれない。しかし、この一年、一番繁盛したのはワクチン接種に大貢献した「かるがも上尾クリニック」だけではないだろうか。多くのテナントは相変わらず閑散としているように見える。この一月には、まとめて6店が撤退した。

131区画  グラニフ 
118区画 ドクターエア・・・何度か試したが買わずじまいだった(>_<)
134区画 LEVITATE Powered by On
148区画 DoCLASSE
229区画 フォレストハート
254区画 MEYER

一般に、テナントの賃貸契約は中長期であり、途中解約料のために簡単には退けない。例えば、駅前タワマン下にあった「いきなりステーキ」は閉店しても場所は一年ほどそのままで賃料を払い続けていたように見える。だから、一年で撤退できるのは、20年秋のモール開業に合わせたテナント集めに苦戦して、「優しい契約」で集めた反動かなと想像する。

●商工会議所や観光協会は売上ベスト10位は公表すべき

 プレミアム率の程度問題はさておいて、商品券とかグルメ券で地域振興をするのは良いとしても、成果がどうだったのかは公的資金を使っているのだから公表すべきだ。各事業者から商品券分の換金請求が来るのだから、会社ごとの利用額がわかる。その市内ベスト10社位は公開すべきだ(協賛募集時に予めベスト10は公表されると書けば良い)。

 結果として、大手が上位を独占しても、それは市民の自由な選択の結果である限り、良いも悪いもないのだから数字で説明する義務はある。

 そうすることで、意味があったのか、或いはそんなことをしても線香花火でしかなく、負債が積みあがっただけなのかもしれない、という冷静な評価にもなる。

追記

プレミアムって広い意味で使われますが、多いのは上乗せ価値というような意味でしょうかね。希少なモノに付きますね。
このグルメ券は1000円に500円が上乗せされたので50%です。
でも1500円の料理をレジで千円払うだけです(不足500円は国負担)。

市民に33%値引きしたのと同じです。

しかし発券募集では、33%引率ではなくプレミアム50%と宣伝するほうがイイに決まってます。

プレミアム率が高いと枚数が減り、抽選倍率が高まる、つまり当たりにくくなるのが欠点ですが、過去の発行事例で20%位(割引率で17%)では募集割れするのかもしれません。

ただし抽選だから、最低限の公平感は満たしています。

不公平というのは子供名義でも参加できる点かな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年1月23日 (日)

ワクチン三回目予約の顛末とモデルナ一押し

早いもん勝ち? なのかは試さないと分からない

 毎度、対コロナの有益な情報は海外から伝えられる(ウォールストリート)


アメリカCDCの分析によると、デルタとオミクロンの流行期では、ファイザーまたはモデルナのワクチンを3回接種なら、入院を防ぐ効果は90%以上だった。

また、ファイザー2回接種では、1カ月後でもオミクロン株に対する中和抗体があまり検出されなかったが、3回目接種後は50%超の予防効果が確認された。

 結局、今感染が多いのはオミクロンの感染力だけではなくワクチン効果が薄れていることなのだが、感染者に占める二回接種者の比率は日本ではきちんとつかめていないという残念なIT後進国である。唯一の頼りは日本人の清潔感のみ。

 

●オミクロンという土砂降りの中、ようやく三回目接種が始まった。

「原則8か月」ルールは岸田さんらしい方針転換で取り消されたが、後手は否めない。

岸田さんは、リスクの高い高齢者の方々中心に、3100万人の方に前倒しを行うという。また、高齢者3300万人のうち主に去年7月までに接種を終えた2890万人は2月末までに接種が可能になると伝えられる(TBS)

 前倒し接種を宣言する自治体が増えているが(東京新聞)、上尾市はどうなのか。そもそも宣言しても、できるかは別だ。一日百万人接種で一月第四週から始めると二月末には高齢者用は完了するが、その予防効果は二月半ばからであり、その頃が感染ピークかも知れない・・・

●上尾市の場合

例えば、上尾市の高齢者三回目の接種券の第一ロット(去年5/19~6/13)の人へ1/6から届いており、「6/13の人なら2/13以降に打て」と記されている。この馬鹿げたルールは廃止されたものの(この文言がその後に消されたかは分からない)、1/21金からWeb予約が開始となり早くてもファイザーは1月末となる。モデナは2/5(土)が最速だ。

つまり、どんなに早くても7か月半となり、実態は8か月なのだ(モデルナの遅れは国の責任)。では第二ロットの人は早まるのか?

●ワクチン予約の怪現象という体験談 

21金の朝に予約したが、実は9時からのハズが、それよりも前にログイン出来たので9時前には終わっていた(笑)。

Photo_20220123162401

そもそも、21よりも前に某クリニックに電話してファイザーを予約済みしていたのだ!。その接種日は市ルールと変わらないが、Webよりも早く予約できていた。良心的なクリニックだと思うが名前を伏せておく・・・

実はモデルナの有無は第一便に書いてないので自分らの組には間に合わないと思っていたが、その後、市Webに2/5解禁とあった。だから、1週間の差なので三回目はモデルナにした(理由はこちらに)。もちろん、先の予約は取り消した。

さらに気になったのは、予約システムのこと。券番号は当然、前回と同じ、そして生年月日を入れればログインできる。まともに入力の論理チェックがプログラムされていれば、券が未着の人はログイン不可になるが、官製発注だからその辺りは分からない。

もし、甘々システムならば接種券が届く頃の日程を早期予約できるハズだ。それは試したもん勝ちである。勿論、予約できても紙券が無いと接種はできない。

 

 

 

2022年1月20日 (木)

上尾駅頭の夜景

クリックで拡大
Dsc_0510
Dsc_0516
Dsc_0512
 
Dsc_0489
Dsc_0491
Dsc_0493
 
Dsc_0477
Dsc_0478
 
 

2022年1月17日 (月)

沖縄県の感染者数にみるピーク感と上尾市の近況

オミクロン株の感染力は早いが、先駆した感染国や地域からはピークアウト感も伝わる

無難な表現なら感染拡大の一方、世界からはピーク感の出始めたという報告も出ている。

第6波が先駆した沖縄県をみている。米軍基地下での不遇な背景を持つ沖縄であるが、オミクロン被害は進駐軍由来であった。その感染拡大ペースを見ていると、図のようになる。

Photo_20220117002401

検査数が足りない(検査能力がない)というこの二年間の我が国の致命的な検査体制の欠陥(厚労省が改めたくない方針)がそのままだから、陽性者数を拾えない面はあるだろう。それでも、1/16日までに2000人、2500人、3000人へと増えていかなかったので、グラフの姿からはピーク感を抱く。この間の死者はゼロであり、「人工呼吸器やECMOをつけた治療を受ける、県基準での重症者はいません」と伝えている

週間合計はまた最多更新中であるが、人々が自粛モードに入ると拡大停止効果が直ぐ出るのかもしれない。特に、オミクロン株の発症までの期間が従来株よりも早いことも、拡大停止効果が直ぐ現れるのではないだろうか。

ただし、三回目接種の効果は遅れるので感染拡大が停止しても減少に転じる保証はない。なだらかな高原状態なのかなと予想する。なお、沖縄のワクチン接種率は68%全国最低だ。他県と比べともガクンと低く、去年から酷い目に合っているのに不思議な県民性である(若い人が受けていない傾向があるかも)。

Photo_20220117002402

ちなみに大阪府は下から二番目の75%だ。かつ感染者の人口比率は東京よりも酷い。一日の最高人数を先日更新したが東京は未だなのに、吉村知事がコロナ対策で人気を集めたというのは偏った評価だと思う。テレビに頻繁に出ることと発言が大衆受けしたのだろう。

●我が街、上尾市の最近の感染状況

埼玉県の保健所は去年八月にオーバーフローしてから、感染者情報を省略してきた。その後の小康期間に元に戻す気配もなく今に至るから。上尾市も単に合計人数だけ大本営発表を写すだけだ。詳しくはオープンデータを見てくれということになっているが、それは素人ではとても見られたものではない。

そこから抽出したのが下表。データは陽性判明日ペースであるから、市の表とは合わない

判明 未就学児 10歳未満 10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 総計
2022/1/3       1           1
2022/1/4       2           2
2022/1/5       2           2
2022/1/6     2 5     3     10
2022/1/7 1   2 6 3 4       16
2022/1/8     4 7           11
2022/1/9       5 1 1 3   1 11
2022/1/10     1   1 2 1     5
2022/1/11   2 3 11 2 3 6 2   29
2022/1/12   1 4 15 4 5 6 1 1 37
2022/1/13     4 19 2 6 2 4 2 39
2022/1/14 1 1 12 16 6 6 4 5 1 52
2022/1/15     2 2 2 1 1     8
総計 2 4 34 91 21 28 26 12 5 223
  1% 2% 15% 41% 9% 13% 12% 5% 2%  

腹立たしいのは、今の感染者に占めるワクチン接種済み数を正しく把握できていないようだ(国も県も)。接種不明なんていう統計があるのだから、酷い話である。検査の現場で、接種済みか否か、二回目は何日かを全数把握していないらしい。

国民のモラルに依存するだけの情けない国だ。

最後に、気になるのは上尾グルメ応援お食事券のこと。

マンボウでも出たら、有効期限を延長するのだろうか?

それとも感染ものともせずに外食で消化してくださいなのかな、畠山さんどうする?

 

より以前の記事一覧

上尾市政をみつめるサイト

  • 上尾オンブズマン
    市民的視座から上尾の教育行政&市政を考えよう。 (情報公開請求により市政に斬り込むサイト)
  • はるかさん_かまちょ図書館
    上尾市民として市政とりわけ図書館問題を熱く語っています。ぜひ飛んでください。 かまってちょうだいの意ね。
無料ブログはココログ